MBCテレビで月~金 15:49~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

かごしま地鶏の親子丼

程よい歯応えとうま味成分が豊富な県ブランドの「かごしま地鶏」を使った、だしを取らなくてもおいしい親子丼の作り方を紹介します。

材料

(分量:2人分)

  • 黒さつま鶏(もも肉) … 150g
  • 玉ねぎ … 1/4個(50g)
  • 卵 … 3個
  • ごはん … 2膳分
  • 三つ葉 … 1/4把
  • 調味料
  • 水 … 70cc
  • 濃口しょうゆ … 大さじ2
  • みりん・酒・砂糖 … 各大さじ1

作り方

  1. 玉ねぎは薄切りに、三つ葉は2cm長さに、鶏肉は小さめの一口大に切る。
  2. フライパンに玉ねぎ、鶏肉、調味料を入れて火にかける。アクをとり、沸騰したら蓋をして約7分、弱めの中火で加熱する。
  3. 軽くほぐした溶き卵を回し入れ、三つ葉を散らし蓋をする。
  4. 約1分加熱し、半熟に仕上げたらごはんにかける。

 

《今回のポイント》

  • 地鶏から旨味がでるので、出汁を入れなくても美味しく仕上がります。
  • 上品な薄口しょうゆより、コクのある濃口しょうゆで作る親子丼が地鶏にはおすすめです。
  • 「さつま地鶏」や「さつま若しゃも」でもおいしくいただけます。