MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

3/13(火)はクジラの親子・厚揚げのオイスターソース煮・奄美食の文化祭

クジラの親子

先月18日に沖永良部島知名町の住吉港沖で撮影されたクジラの親子の映像をご紹介しました。

撮影したの沖永良部島在住の田仲稔淳さん。ちょうど休息しているところをドローンで撮影することができたとのこと。

沖永良部島では、毎年冬から春にかけ、島の周囲でザトウクジラを見ることが出来るとのことです。


簡単!レンチンレシピ

今回は「厚揚げのオイスターソース煮」。電子レンジで手軽に作れて、味にパンチがきいた、おかずにもおつまみにも最適の一品を作りました。

簡単!レンチンレシピ「厚揚げとひき肉のオイスターソース煮」


アマミテレビ 第1回奄美食の文化祭「三献」

NPO法人奄美食育食文化プロジェクト主催の第1回奄美食の文化祭「三献」が奄美観光ホテルで開催されました。

奄美の伝統的な儀式「三献」。
三献とは、正式な酒の宴の作法です。最近では、婚礼の三三九度の杯をいうこともあります。

今回のイベントは、先人から受け継がれた儀式食、三献を見つめ直し、価値を再認識するモノで、2部構成で行われました。

第1部は、鹿児島女子短期大学名誉教授の福司山エツ子さんが講演。
日本料理のひとつで、宮中料理でもあった本膳料理の基本となるのが三献と話し、奄美ではその格式高い伝統料理を受け継がれていて、参加者は魅力や大切さを学んでいました。

そして、雰囲気ががらりと変わった第2部では、今話題の西郷隆盛と愛加那が三献で祝言をあげたとする記録に基づきその祝言を現代風に再現。

参加した135人が、式に参加するという設定で西郷、愛加那、そして媒酌人役と一緒に三献の祝儀が行われました。


だいやめキッチン

焼酎を飲みながら晩酌をすることを意味する「だいやめ」。そんな毎日の「だいやめ」を豊かにするサイト「だいやめきっちん」からおすすめのおつまみと焼酎を紹介。

今回は「しいたけノーラ焼き」をご紹介いただきました。

材料はしいたけ、マヨネーズ、ピザ用チーズ、そしてグラノーラです。今回は頴娃にある「Le plan de AK」のグラノーラを使用しています。

そして今月の「宅配だいやめ」は大和桜酒造の「ヤマトザクラヒカリ」を取り上げるそうです。

大和桜酒造の杜氏である若松鉄幹さん(通称、テッカンさん)のお話をうかがいました。
テッカンさんは、これまでにない焼酎のあたらしい価値を提案されており、Webメディアや雑誌など、いろんな媒体に取り上げられているような方。
焼酎業界だけでなく、さまざまな業界でよく話題になるトップランナーです。
たとえば、今回のおつまみ「しいたけノーラ焼き」も、そもそもテッカンさんが「グラノーラと焼酎を合わせると美味しい」と、おすすめしてくださったことで生まれたそうです。

テッカンさんオススメの飲み方は「マグカップで飲む」というもの。気取らずに飲んでみては?というものです。

焼酎とセットで送るおつまみは、頴娃町にある「Le plan de AK」というグラノーラと焼き菓子を専門に売っている店のグラノーラ。

焼酎はそもそも米由来ですし、グラノーラも穀物なので、組み合わせてもぴったり合うというご提案だそうですよ。

だいやめキッチンHPはこちら


お年寄りに大人気!ちびっこ舞踊家・詳之真くん

薩摩川内市にお年寄りに大人気の小学生舞踊家がいます。

田中詳之真くん。薩摩川内市可愛小学校の4年生です。
りりしい男踊りから、可愛い女踊り、さらには滑稽な踊りまでこなす芸達者。詳之真くんはちびっこ舞踊家です。

祖母に影響をうけ4歳で踊りをはじめた詳之真くん。現在も週に3回、およそ2時間の稽古を続けています。今では10曲以上の踊りができるようになりました。

詳之真くんが定期的に行っているのが慰問活動です。この日は地元のデイケア施設でお年寄りらに踊りを披露します。化粧も髪のセットも自分一人で行います。

一緒に踊るのは詳之真くんが踊りをはじめるきっかになった祖母のタエ子さんです。息もぴったりです。

この慰問活動が評価され、先日は地元の自治体からこども表彰を受けました。

ちびっこ舞踊家・詳之真くん、きょうもお年寄りたちに笑顔を届けます。