MBCテレビで月~金 15:49~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

10/19(月)は寄り道温泉ぶらりコースを紹介▽料理は里芋の甘辛煮

#かごしま県産品応援市

来月7日と8日に鹿児島市で行われる「#かごしま県産品応援市」
鹿児島市のウォーターフロントパークに「かごしまのいいもの、うまいもの」が大集合します。
食肉会社や水産会社から、ステーキ用牛肉やバラ肉、ヒラマサのブロックやカマなどがお求めやすい割引価格で販売されます。
また、TVなどで取り上げられている話題のお店や普段は手に入りにくい離島からの商品も販売されます。

今回のイベントは、来場者の方の安全を確保するため事前申込みとなっています。
特設サイトからの応募フォーム、FAX、ハガキとなりますので、ぜひこの機会に足をお運びください。

詳しくはコチラ

 

はじめての郷土料理 ~里芋の甘辛煮~

「NPO法人霧島食育研究会」スタッフの芝香織さんに「かごしま郷土料理マイスター」講座から「里芋の甘辛煮」をご紹介いただきました。

根菜類のおいしい季節になってきました。
今回ご紹介する甘辛煮は、一度蒸して火を通した里芋をカラリと揚げ、タレを絡めていただきます。里芋の甘みと食感をいかしたひと品です。

レシピはコチラ

 

なんさつONLINE

枕崎市から、ちゃんサネさんに伝えていただきました。

今日は秋の実りを味わってみたいということでやってきたのは「Cafe THE OLD MAN」
看板を見ますと「期間限定 新米 俵おにぎり テイクアウト可」と書いてあります。

店の中に入っていくと稲穂が飾ってあります。
これは川辺の農事組合法人たべた、田んぼアートの制作者から頂いた稲穂です。

こちらは毎月一回枕崎弁のすんくじら狂句会が行われているお店です。
その狂句会の時にこちらのママさんが提供してくれるのが俵おにぎりなんです。ぜひその俵おにぎりを新米でいただきたいということで今日はお願いに参りました。

吉松スミエさんの俵おにぎりをいただきました。
固くもなく海苔との相性も抜群です。
そこに坊津蔵の村主賢治さんの「おさかな醤油」をちょっとかけていただきます。
もう一つの方にはかつお味噌が入っていました。

スタジオにも新米とかつおの腹皮が!松木アナウンサーがいただきました。

Cafe THE OLD MAN
枕崎市港町1
0993-72-0213

 

TJカゴシマ最新号

TJカゴシマ編集部の下迫田晃一さんにご紹介いただきました。


今回は「よりみち温泉」の特集。そろそろ温泉が恋しい季節ということで、美味しいご飯や買い物も楽しみたいあなたにお届けする温泉ガイドを紹介します。

もう一つ特集が「まったり珈琲時間」
鹿児島のコーヒーショップ16件を厳選してご紹介しています。

詳しくはTJカゴシマ最新号で!

 

高山流鏑馬 肝付町

県内各地、例年であれば秋祭りの季節ですが、今年は新型コロナウィルスの影響で少し静かな秋となっています。
そのような中、県無形民俗文化財にも指定されている「高山流鏑馬」がきょう肝付町で行われました。

今年の射手、高山中学校2年生の橋口晋賀さんと、高山流鏑馬保存会の有馬大作さんに今のお気持ちを伺いました。

橋口さん「この50日間の練習をしっかり発揮できてホッとしています」
有馬さん「晋賀くんの気持ちは、本当は悔しかったんだろうなと思うんですけど、コロナ禍の中で開催して、怪我なく無事に終わったことはよかったんじゃないかなと思います」

Q.3回の疾走の中では落馬、そして馬がとまってしまうというアクシデントもありましたが、走っている中で感じたことはありますか?
橋口さん「前半の方では今日こそは走るんじゃないか、最後までできるんじゃないかっていうぐらいいい走りをしていたんですけど、3走目に入ると馬が急に止まったりとかいうアクシデントが多くなって、そういう面では心に残っています」

330m馬場の中に3つの的を置き、その3つの的にそれぞれ3走して、合計9本の矢を放つ、アクシデントもありながら晋賀くんはこの9本のうち8本の矢を命中しました。

Q.コロナ禍でのイベント開催にあたって感じていることはありますか?
有馬さん「例年は第3日曜日にするんですけども、月曜日に開催する、今日が本当の例大祭なので、今日が当たり前の流鏑馬の日なんですけど、月曜日となるといろいろ難しい。いろんな予定が狂ってくるので晋賀くんの気持ちもいろいろ葛藤したんじゃないかなと思うんですけど、最後までよく頑張ってくれました。」

Q.晋賀くんはこの流鏑馬の経験をこれからどのように活かしていきたいですか?橋口さん「流鏑馬で自分ができなかったことが多くあったんですけど、そういうところをこの流鏑馬を通して克服できたので、克服したことを今後の生活などで活かしていければいいなと思っています」

Q.最後に一言
有馬さん「900年の歴史を絶やさないように、また町民のために五穀豊穣とか安全とかいろいろ願って、続けていければと思っています」
橋口さん「今年、射手として教えていただいたことを、次の射手にしっかり教えて、僕以上のパフォーマンスをできるように教えていければいいと思っています」

晋賀くんの様子、テレビでもご覧頂きたいと思います。
特別番組を11月7日(土)15:30~放送いたします。