MBCテレビで月~金 15:49~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

ラクうまゴハン「ジェノベーゼ塩さばのくるりんトースターグリル」

塩さばは、いつでも手に入ってお値段も手ごろで大助かりなんですが、メニューが決まってしまう…ということはありませんか?
今日は、塩さばを使ったレパートリーが広がるお魚料理の新しいご提案です。

材料

  • (2人分)
  • 塩さばフィレ … 2枚
  • バジルペースト … 適量
  • エリンギ … 小1本
  • バジルペースト
  • (作りやすい分量)
  • バジル … 50g
  • エキストラバージンオリーブオイル … 大さじ5
  • カシューナッツ … 25g
  • くるみ … 25g
  • 粉チーズ … 大さじ3
  • 自然塩 … 小さじ1/2
  • にんにく … 小1片
  • 黒こしょう … 少々

作り方

  1. バジルペーストの材料を全てフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまで攪拌します。
    *バジルの他に、青じそやルッコラ、パセリ、春菊などの香味野菜などでもOK。
    *味の違う2種類のナッツを混ぜると、コクと旨味が増します!
    *瓶に移して冷凍保存も可能です。
  2. 塩さばは、大きな骨や中骨を取り除いておきます。エリンギは縦に細かく、手で裂きます。
  3. サバの身に、バジルペーストを適量塗り、尾の方にエリンギの半量のせます。頭の方に向かってくるんと巻き、竹串を2本使って交差するように止めます。
  4. トースターの幅にカットしたアルミホイルを2枚用意し、1枚を軽くくしゃくしゃにして広げて重ねます。
  5. さばをアルミホイルに載せ、トースターで15分焼きます。
    *トースターにアルミホイルを敷く時は、くしゃっと軽く丸めて凹凸を作ってから広げて使うと、食材のくっつき防止になります。
  6. 4~5分で焦げ目が付いてきたらアルミホイルを被せて、全体から脂が出てきて火が通ったら焼き上がりです。

《今日のポイント》

  • 生さばを使う時には、全体に塩を振ってから使用しましょう。塩さばとバジルペーストの相性が抜群です。
  • バジルペーストはまとめて作って冷凍しておくと、冷ややっこに載せたり、麺類と和えたりと大活躍です!