MBCテレビで月~金 15:49~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

8/26(水)はおいしいシーフード▽まち中華さっぱりVSガッツリ

トヨヘーの○○してみました

「海の幸のご当地食材 集めてみました!」
今回は、鹿児島で獲れた海の幸を使った、ご当地の加工食材を紹介しました。


沖サワラ冷燻製 炙り刺身

サワラの表面を高温の直火で炙って香ばしさを加え、低温の煙に特殊な方法でくぐらせています。魚を水揚げしてから12時間以内に加工していますので、刺身のような鮮度感と、燻製のような熟成館が一度に味わえます。
醤油以外にもたたきのようにポン酢で食べるのもおすすめです。お酒のおつまみにも合いますよ。


鹿児島かのやかんぱちのアヒージョ

 

新鮮なカンパチを、エクストラヴァージンオリーブオイルを使ったガーリックオイルで煮込みました。
鹿屋市漁業協同組合のホームページには、美味しいアレンジレシピも紹介されていますよ。


季節限定ギフト

長島町の海の幸が詰まった、夢一水産のギフトです。
こちらは、6月~12月までの、季節限定ギフトで、あぶりしめさばや、アイゴのスモーク、タコのマリネ、シメザバのオレンジマリネが入っています。
どの商品も、そのまま美味しく食べられますし、料理にアレンジすることでよりオシャレに楽しんでいただけます。


南さつま からすみのオイル漬

南さつま市の笠沙で水揚げされたボラ子を使い、地元の焼酎で丁寧に磨き上げられています。
からすみとオリーブオイルの相性が抜群で、一口食べるとしっとりとしたからすみが口いっぱいに広がりますよ。

 

ガッツリ?さっぱり?夏の中華

霧島市隼人町にあります「MCTアリアネット」からの情報です。
霧島で人気の「まち中華」から夏におすすめ、ガッツリとさっぱりのメニューが届きました。

今回やってきたのは霧島市霧島大窪にある創業11年目の「中華 まめ千」
感染症対策もばっちりのこちらのお店でスタミナ抜群のピリ辛メニューとひんやりおいしいメニューをご紹介します。

まずは「牛ホルモン入りマーボー豆腐」

園田真紀子さん「うちのマーボー豆腐は広東風のマーボー豆腐をアレンジしていて、割と優しいやわらかい感じのマーボー豆腐かなと思っています。長ネギよりも玉ねぎのほうが美味しいんじゃないかとか主人なりにアレンジしたもので、さらにホルモンを入れることでコクを増して、食べたぞという感じが高いメニューになっているかなと思います」

続いてご紹介するのは「レモンスープ冷麺」


園田さん「食欲が落ちたときに中華の脂っぽさを無くしたメニューです。レモンの香りがさっぱりとしていて、スープが冷えているので、食べた後に涼しくなったと思っていただいて、また外のお仕事とかも頑張れるお昼ごはんができればいいなと作りました。スープはラーメンとかでも使っている鳥刺し用の新鮮な鶏ガラスープでごだわりです」

この他にも一番人気、担々麺のごまの風味はそのままにキーンと冷たいスープにサラダもたっぷり入ったピリッと辛い「冷やし担々麺」も大人気!

中華 まめ千
霧島市霧島大窪242-1
090-1916-1216
営業:昼11:30~14:30(OS14:15)、夜18:00~20:30(OS20:00)
定休:火曜日

 

広報誌探検隊・長島町

長島町の広報誌からの話題です。「夕陽のあと」のあと…という記事からご紹介します。
「夕陽のあと」は、昨年公開された長島町を舞台にした映画です。このほど、DVDも発売され、新たな反響を呼んでします。

長島町企画財政課の田上徹さんにお話を伺いました。

Q.広報誌で「夕陽のあと」のあとという特集を組まれたのはどうして?

このほど、映画がDVDとして発売されたこともきっかけですが、実は、映画が海外でも注目されていることのご報告も兼ねて改めて記事にしました。
映画「夕陽のあと」は、ドイツのフランクフルトで行われた日本映画祭で上映されたり、7月にはアイルランドでの映画祭に招待されたりと、海外でも注目されるようになっているんです。

Q.どのような点が注目されたのでしょうか?

映画「夕陽のあと」は、長島町を舞台に、家族の在り方が多様化する中、改めて親子の絆を問いかける骨太なヒューマンドラマです。
「生みの親か?育ての親か?子どもにとってどんな環境がいいのか?」と問いかけた映画のテーマに対し、「こどもたちは地域で育てていく」という長島町ならではの答えが、多くの人に響いたのではないかと思います。こうした悩みは、今は世界共通なんだと感じました。

Q.実際に映画作りの現場を体験されて、その後の街作りにどのような変化がありましたか?

人と人とのつながりの大切さを改めて痛感しました。
多くの方の協力があって、難題も乗り越えることができ、映画が完成しました。
そして今、海外でも上映されるほどになったことをとてもうれしく思います。
何より、この美しい海が広がる長島町の風景を世界中の人に見てもらえる、この映画が、人や自然、長島町の環境のすばらしさを伝える助けになればと思います。

 

海と日本プロジェクト

鹿児島県屋久島町の北部にある一湊集落は屋久島の特産品である首折れサバやサバ節の原料となるゴマサバが水揚げされる港がある集落です。

毎年、豊漁や集落の繁栄を願う浜祭りが開かれています。

祭りでは、集落に古くから祭られている豊漁をもたらす神様「浜えびす」に祈りを捧げます。
今年は集落の区長や漁業関係者ら20人が集まり、手を合わせました。

「さばもついごて(サバも釣れますように)、びょうきもせんごて(病気もしませんように)、なんまんそうろう(南無阿弥候)!」

神事の後、子どもたちが集落に伝わる大漁祈願の掛け声とともに一斉に餅を海に投げ入れました。

「楽しかった。けっこう投げられた」
「健康で過ごしたい」

(一湊地区・小倉證区長)「これもって浜祭りの儀式が終わりました。皆様方に福が訪れることを期待しています」


例年行われていた船団パレードなどのイベントは今年は新型コロナウイルスの影響で中止に。
しかし、参加した人たちは儀式を通じて豊かな海の恵みへの感謝の気持ちを新たにしていました。

 

ラジからポニーメイツ

今週は「夏、やり残したウィーク」と題してお届けしているそうです。


川原田さんのやり残したことは、「夏野菜・トマトを丸かじりしたーい!!」ということで、薩摩川内市で農業をされている時田逸男さんに会いに行ったそうです。
トマトの丸かじりだけではなく、サンドイッチや酢の物まで準備してくださっていたそうで、感動しきりの川原田さんでした。

時田さんのトマトをスタジオでもいただきました。
とっても甘くてジューシーなトマトにMCの二人も感動していましたよ!

中継の様子はこちら

この投稿をInstagramで見る

私が夏やり残したことは、 「トマトを丸かじりして 食べたい〜〜🍅✨」 ということで、 薩摩川内市の農家である 時田逸男さんにご出演頂きまして、 トマトの収穫からビニールハウスの中で 丸かじりさせて頂きました。 丸かじり、、を通り越して、 丸ごと頂いちゃいまして、 幸せでした。🍅 今年は特に長雨や日照不足、 そして連日の暑さで、農家さんの苦悩は計り知れないですが、その中で、こんな贅沢をさせて頂きました。本当にありがたいです。 この様子は、明日26日(水) かごしま4 ラジからポニーメイツのコーナーでもお届けしますので是非見てください🍅💓🤤 #モーニングスマイル #モニスマ #MBCラジオ #radiko #radikoプレミアム #ポニー号 #ポニーメイツ #スマイル中継 #川原田優華 #濵野莉世 #岸良夕明 #トマト #トマト大好き

モーニングスマイル(@mbc_morningsmile)がシェアした投稿 –