MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

2/7(水)はご当地ギョーザ・歴女が語る西郷どん・エコア料理

柳の○○しました!

地元の食材とこだわりが詰まった「かごしま餃子を集めてみました」

  1. 鹿児島ますや短鼻豚 黒豚生餃子 756円(税込)/12個入り
    王道!鹿児島黒豚を使った餃子
    鹿児島ますや 0995-66-4186
  2. かんぱち餃子 450円(税込)/8個入り
    スモークしたカンパチを具材に混ぜ合わせてあります
    濵田三喜夫商店
    ※インターネットのみでの販売
  3. レモン餃子 410円(税込)/10個入り
    レモンを丸ごとすりおろして混ぜています
    まる千餃子 市立病院前店 099-258-1001・一番街アエールプラザ店 099-251-1009
  4. 茶×茶餃子 389円(税込)/12個入り
    お茶を具と皮にも練りこんだ見た目にもきれいな餃子です
    鹿児島協同食品 0996-36-4186


イチオシ!リビング新聞

リビングかごしま最新号の特集は「知れば知るほど好きになる!西郷どん伝説」

明治維新150年の今年、リビング新聞では当時の歴史を女性目線で捉え、見つめ直す「鹿児島ウォッチ」プロジェクトがスタート。第1弾は西郷隆盛がテーマとなっています。

西郷隆盛研究家の安川あかねさんと、かごしま新発見伝塾の今井俊子さんに西郷さんの女心をくすぐるエピソードを教えて頂きました。

詳しい内容は最新の「リビングかごしま」でご確認ください。


えんとつ町のプペル展in奄美

発行部数30万部を突破し、話題になっています、お笑い芸人・キングコングの西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」を題材にした展覧会が、瀬戸内町古仁屋で開かれています。

特殊なフィルムにプリントした原画に、後ろからLEDライトをあててみなさんにご覧いただく、「光る原画展」です。

絵本「えんとつ町のプペル」展in奄美は、今月22日(木)まで瀬戸内町古仁屋の元 カラオケwaで開催してます。
入場料は、一般が500円ですが、瀬戸内町の商品券500円分がプレゼントされますので、実質無料でご覧いただけます。
高校生以下は無料です。

えんとつ町のプペル展in奄美HP


エコア料理

美肌に関する情報があるということで訪れたのは鹿児島市東開町にあるタカラスタンダード鹿児島ショールーム。

美肌料理を教えて頂きました。

エコアde Cooking

<舞茸の炊き込みごはん>
舞茸などには腸内環境を整えるはたらきがあると言われています。腸内環境が整うとお肌の免疫力アップが期待できます。
<材料2合分>

  • 米 2合
  • 舞茸 1パック
  • 油揚げ 1枚
  • 昆布 3g
  • 水 2合メモリ
  • 料理酒 大さじ2
  • うすくち醤油 大さじ2
  • 生姜 10g
    <つくり方>

  1. 米は洗って浸漬し、ザルにあげておく。油揚げは細切りに、舞茸はほぐしておく。
  2. 炊飯鍋に米を入れ、調味料・水を入れてから具材、昆布を乗せる
  3. ガス台にセットし『炊飯機能』で自動炊飯する。炊飯機能がない場合は、強火→沸騰したら弱火で10分間→火を止めて10分間蒸らしで完成。

 


<鮭のホイル焼き>
鮭に含まれるアスタキサンチンの抗酸化作用でアンチエイジングや美肌効果が期待できます。
<材料2人分>

  • 鮭切り身 2枚椎茸 2枚
  • キャベツ 150g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ピーマン (小)1個
  • 塩 小さじ1/4
  • 料理酒 小さじ2
  • 味噌 20g
  • こいくち醤油 10g
  • みりん 10g
  • バター 10g

<つくり方>

  1. ホイルに野菜を敷いてあらかじめ塩・料理酒を振りかけた鮭をのせる
  2. 味噌・こいくち醤油・みりんを混ぜた合わせ調味料とバターをのせてホイルで包む
  3. 魚焼きグリルで中火で約10分間焼く。


屋久島環境未来ミーティング

屋久島島でイベントや情報発信に携わる人たちが集まり、屋久島の課題と未来について話し合いました。

この「屋久島環境未来ミーティング」には、屋久島で活動しているNPOやガイド、編集者、それに住民などおよそ70人が参加しました。
まずテーマごとに7人がプレゼンテーションを行いました。

この中で毎年、500頭ほどが駆除されるシカについて、食用として活用されるのは1割で、9割は埋設か廃棄されている現状が報告されました。
そして、「いのちを、しっかりいただく」という思いで、シカ肉や加工品を屋久島の魅力にすべきだという提言がありました。

また、世界自然遺産の島にふさわしい景観をつくるために、電柱と電線を地中に埋める事業を展開すべきという提案や、「地杉」と呼ばれる植林された杉を使って、島内にあるバス停を住民が参加してつくるという、屋久島らしいユニークなアイディアも発表されました。

このあと参加者たちはグループに分かれて、身近な問題や屋久島に住む価値などについて語り合い、最後に島の未来について発表しあいました。


ラジからポニーメイツ

枕崎で春探しをした様子を紹介してもらいました。
フキノトウを収穫して、天ぷらに…

味の感想などはこちらから

枕崎市ふるさと特派員の山崎さんと一緒に、春探し!


職場体験

今日はフロアーディレクターとして、帖佐中学校の長崎さんと上ノ原さんが活躍してくれました。