MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

ラクうまゴハン「さとうきびシロップで頂く!おもてなしの香り甘味豆腐」

お豆腐をさとうきびのシロップをかけてデザート感覚で頂く簡単で上品なひとしなです!
おもてなしの甘味にも喜ばれます。さとうきびのミネラルがたっぷりで、身体の中でゆっくりと消化されるお砂糖なので血糖値も上がりにくく、お料理にもとってもよく馴染みます。

材料

  • おぼろ豆腐 … 300g
  • きな粉・黒すりごま … 各適量
  • 《さとうきびシロップ》
  • 釜焚島砂糖 … 100g
  • 水 … 50g

作り方

  1. まずレンジでさとうきびシロップを作ります。直径15cm以上の中位の耐熱ボウルに島砂糖と水を加え、ラップをかけずに600Wのレンジで2分加熱します。
    *シロップの砂糖と水は、2:1で覚えましょう。
    *加熱すると沸いてくるので、少し大きめのボウルを使って加熱しましょう。
  2. そのまま冷まし、煮沸した空き瓶などに移して保存します。
    *冷めてくると自然にとろみがつくので、煮詰める作業も不要です。
    *冬場はシロップが固まるので、使う時にレンジで軽く温めると良いです。
  3. おぼろ豆腐やざる豆腐を器に盛り、きな粉と黒すりごまを振り、さとうきびシロップを回しかけて頂きます。

《今日のポイント》

  • こんがりと焼いたお餅や白玉団子など、色んな食材でアレンジ自在!
  • ミネラルがたっぷりのお砂糖は、身体の中でゆっくりと消化されるので血糖値も上がりにくく、溶けやすくて料理にもよく馴染みます。
  • 釜焚島砂糖のシロップは、メープルシロップのようなまろやかな香りとコクで、作っておけば色んな活用方法やアレンジが楽しめます。
  • 釜焚島砂糖のシロップは、上白糖(じょうはくとう)や三温糖(さんおんとう)と違い、国産さとうきびを原材料に精製していない砂糖で、自然で上品な甘さが特徴です。メープルシロップのような香りとコクで、まろやかさのある味になります。