MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

10/15(火)は生中継!いぶすき自家焙煎珈琲▽秋の味覚山太郎ガニ

ラクうまゴハン「ふわふわ豆腐ハンバーグ 枝豆きのこのあん」

お豆腐の力でふっくらと弾力のあるハンバーグに!

ラクうまゴハン「ふわふわ豆腐ハンバーグ 枝豆きのこのあん」

 

早稲ちんの中継ですよ!

今年の6月にオープンしたばかりの「自家焙煎いぶすき珈琲 豆屋十六」
店主の下吉龍一さんに伺いました。(被り物もしていただきました!)

築100年以上、下吉さんが小さい頃から住んでいたご自宅をリノベーションして始められたそうです。
こちらでは指宿ならでは、珈琲豆を温泉水で洗ってから焙煎したこだわりの珈琲を提供されています。

もうひとつのこだわりは、窯のお湯を使われているところです。この窯も昔、おばあちゃんの家で使っていたものだそうです。

いつもは白ののれんがかかっていますが、茶色いのれんの日があります。

それはお店の名前「豆屋十六」から、6・16・26日の6がつく日はのれんが珈琲色になり、豆屋十六さんの珈琲豆を使った入浴剤を限定で配られるそうです。人気のため、午前中にはなくなってしまうとか。

今回は、鳥越屋さんのたぬきのケーキと今月から提供がはじまった珈琲ゼリー(豆屋十六さんの珈琲で鳥越屋さんに作っていただいたものに、アイスクリームモンスターさんのアイスが添えられています)をこだわりの珈琲とともにいただきました。
地域の商店のみなさんとコラボして提供されているメニューです。
ぜひ、足をお運びください。

自家焙煎いぶすき珈琲 豆屋十六
指宿市十二町2830-2
0993-23-8160
営:11:00~19:00(平日) 10:00~19:00(土日・祝)
休:火曜・水曜

 

NY発TOKIJIRO 吉俣良さん生出演

日本語と英語のせりふが交わるバイリンガル劇
その名も「TOKIJIRO」
義理と人情の股旅物「沓掛時次郎」をベースに音楽やダンスを融合したニューヨークで人気の舞台が鹿児島に国内初上陸!
スタジオには音楽を担当した鹿児島がほこる作曲家・吉俣良さんにお越しいただきました!

振り付けは同じ中央高校卒で30年あまりニューヨークで活動したさこうさん。
今年1月オーディションを行い高校生から大人まで12人を選抜、2月から稽古されてきたそうです。

「ニューヨーク発バイリンガル劇 TOKIJIRO」はあさってから20日(日)まで、鹿児島市の水族館の先にある北ふ頭の倉庫で開催されます!

 

南大隅町ねじめドラゴンボートフェスティバル

宮内ありささんが実行委員会の関根大吾さんと小嵜万見子さんにインタビュー。

今からおよそ450年前、南蛮貿易が盛んになり、唐人と南蛮人との争いが絶えずおこなったため、仲直りと住人との交流の為「南蛮船競争」をさせて、親睦を図ったと記録に残っています。
このような由来を元に、昭和60年から商工会青年部が文化的遺産を復活させて町の活性化を図るため「根占競り大会」を開催し、昭和63年から今の形になりました。

朝9時からレースが始まります。
8レーン8艇による着順レースです。一般、レディース、MIXの部に分かれ、塩入橋~根占大橋までのおよそ380メートルを1チーム10人編成で競います。

成人であれば、どのようなグループでも参加できます。
また、成人でなくても保護者同伴で参加できます。

イベント前日の19日(土)午後6時からは大会会場横の「ふれあいドーム」でチーム同士の交流を図りまた招待チームの紹介を行う前夜祭を開催します。
前夜祭では、地元の事業者による出店やステージイベントなど楽しい企画がもりだくさん。
また、当日は大会会場横の「みなと公園」で青空市も開催します。

詳しくはこちら

 

温泉ぱらだいす鹿児島

鹿児島県民だったらお得に温泉宿を利用できる温泉ぱらだいす鹿児島を定期的にご紹介しています。今回は、指宿海上ホテルです。

県民限定プラン
2名1室おひとり様 11000円※平日3部屋限定
特典①砂むし券半額!
特典②レイトチェックアウト無料!(午前11時)

【「宿カタログ」についての詳しいお問い合わせ】
温泉ぱらだいす鹿児島HP
TEL 099-203-0820

 

出水から秋の話題

出水市のインターネットテレビ「いずみテレビ」の椎木重治さんに出水の話題を伺いました。

コスモス畑の中で絵本の読み聞かせ

広大な敷地に咲くおよそ25万本のコスモス畑、この時期、市内外から大勢の観光客が訪れます。
この日は近くの上場小学校がコスモス畑の中で絵本の読み聞かせ授業を行っていました、ボランティアの力を借りて初めての取り組み気持ちよさそうでした!

 

山太郎ガニ

この時期、産卵のため、海へくだる山太郎ガニを駕籠のような網をしかけて捕ります。
この日は20匹ほどの山太郎ガニがとれました。

山太郎ガニはあの高級食材、上海ガニと同じ種類。濃厚なカニみそを楽しみにしている地元の方も多いです
高尾野町の「味処あしきた」女将の野原さんにお話を伺いました。

「一般的には味噌炊きにしたり、その出汁でそうめんを炊いたり、その出汁で鍋をしたりですね」

カニ汁にソーメンをいれて食べるのも格別です!
焼酎も数多く取り揃える味処あしきた、おすすめですよ!

味処あしきた
出水市高尾野町上水流
0996-82-3923