MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

10/10(木)はめんたいクリームパスタグラタン▽スパイスカレー

チャチャっと男メシ「めんたいクリームパスタグラタン」

がっつりを楽しもう!めんたいクリームパスタグラタンにチャレンジしました。

チャチャっと男メシ「めんたいクリームパスタグラタン」

 

奄美から初出店「SPICE MAFIA」

エフエムせとうちの供利義也さんに今回瀬戸内からカレーフェスタに出店するお店をご紹介いただきました。

奄美から初出展となる瀬戸内町のカレー屋さん「SPICE MAFIA」さんのご紹介です。
瀬戸内町の中心地、古仁屋に昨年オープンした話題のカレー店、代表の弓指圭輔さんに話を伺いました。

弓指さん「元々地元とカレーが大好きで町の中心部から離れた人たちへあたたかいカレーを届けられないかなと思っていて移動販売を含めたカレー店を始めました。
カレー店を始めたときにカレーフェスタに出展できたらいいねと話して即答で出展すると決めました!」

今回のメニューは島豚と梅のポークビンダル!
南インドのカレー「ビンタル」を島豚と梅で合わせた逸品です。

今週末、12日(土)13(日)の2日間、カレーフェスタin鹿児島。
鹿児島市の中央公園でお待ちしております!

 

絶妙のバランス 姶良の人気ラーメン

霧島市隼人町にあります「MCTアリアネット」からの情報です。

市民レポーターの有村康弘さんがやってきたのは姶良の旧道沿いにあるラーメン屋「麺屋 河童の雫」

店名の「河童の雫」の由来は、ご主人の髪型が河童に似ているということと、雫は内側から出てくる情熱を意味しているそうです。

情熱たっぷりのラーメンの中でも特におすすめなのが、豚骨、鶏がらがベースの定番ラーメンです。

じっくりと煮込まれたスープは豚骨と鶏がらが絶妙なバランスで融合された最強の味わい。
スープはもちろん、自家製の麺にも力を入れているご主人。天候によって味や食感が変わるデリケートな麺ですが、ご主人の努力によって常に美味しい状態がキープされています。

続いてご紹介するのは味噌ラーメン。

長野県の信州味噌、名古屋の八丁味噌など全国の絶品味噌を4種類ブレンドしたこだわりのラーメンです。
そして、ラーメンにかかせないのは餃子。県内産の黒豚をふんだんに使った餃子です。
みなさんもぜひ、ご堪能ください。

麺屋 河童の雫
姶良市平松7217-3
0995-65-3436
時間:11:00~15:00
休み:月曜日

 

奄美・集落を守る綱「ビッコ・サラッコ」

奄美市のあまみエフエムの渡陽子さんに旧暦9月9日の行事について伝えていただきました。

今回、伺ったのは、奄美市の西田集落です。

こちらには、昔から伝わる「ビッコ・サラッコ」とよばれる旧暦9月9日の行事があるとお聞きしました。
綱という意味の「ビッコ」をもって、子どもたちが集落をめぐります。

強い「ハブ」の化身にみたてた綱を持ち、集落をめぐります。
そして、子どもが「サラッコ」されていなくなったところ、集落にとっては鬼門の場所に、邪悪なものをはらう意味で石を投げているんですね。
「大事な宝の子どもを守りたい」という集落の人たちの思いが今も伝わる行事です。

旧暦9月9日には奄美のあちこちで行事がおこなわれていて、「諸鈍シバヤ」のように有名な行事もありますが、ほかにも続いてきた独自の行事がまだまだ存在していたことに奄美の多様性を感じました。
最近は、人が集まりやすい土日に行事を行うところも多いのですが、日程などもこだわりを持って続けていらっしゃいます。
区長の田中さんも、準備の間に、集落のつながりも強まりますし、子どもたちのために集落を守ることにもなると仰っていました。

 

海と日本プロジェクト

東シナ海に面する、日置市の江口浜海浜公園。
この夏、小学生を対象にした海イベント「水辺の学校」が開催されました。
海のさまざまな生き物を知り、より安全な、海での楽しみ方を学びます。

地元の伊作田小学校の児童らおよそ20人が参加。
ペットボトルを使っての、着衣水泳体験をしました。

海を知る体験。この日は、浜辺を歩いてビーチクリーン活動も行いました。

(藤枝繁特任教授)「(海には)いろんなものが流れてくるんですよね。お宝物もあるんですけれどもお宝じゃないものもあるので、そういうのを実際に気がついてもらいたいと思います。」

見つけたのは、ゴミだけではありません。小さな貝殻や、ガラスの欠片が波にもまれてできるシーグラス。

伊作田小学校では、集めた漂流物を使って作品作りを行いました。

江口浜で、定期的に調査活動も行っている伊作田小学校。
地元の海は、とても身近な存在です。

(萩原みどり教諭)「江口浜、すごくきれいなんですけど、このきれいな海をこれからも残し続けたいなっていう気持ちがさらに高まったような感じがします。」