MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

10/2(水)は豆腐と相性のいい商品▽大活躍!れいめい高校 スポGOMI甲子園

トヨヘーの○○してみました

暑い日は冷奴で、寒い日は湯豆腐でと季節問わず食べられる豆腐。
そんな豆腐に「のせて」、「かけて」美味しいもの集めてみました。


Basil source 鹿児島県産バジルのソース ¥580(税込)

こちらのバジルソースはご夫婦で作られているんですが、原材料に使われている、バジル、イタリアンパセリ、にんにくは、ご夫婦が自家栽培しているものなんです。農作業はご主人の定年を機に奥様のご実家に戻られて、4~5年前から始められたそうです。
パスタはもちろん、パンやごはんにも合うそうです。

【問】吉松Zin Zin 0995-55-7556


おかずらっきょう ¥360(税込)

カレーの付け合せに食べられるらっきょうですが、この「おかずらっきょう」はカレーだけじゃなく色々な料理に合えば、毎日の食卓にらっきょうが取り入れられるんじゃないかということで作られたものです。
【問】有限会社エスランドル 0993-78-3611
<現在、かご市で先行販売中!>


辛味噌だれ ¥600(税抜)

この辛味噌には、5年熟成させた「長期熟成味噌」を使用しているんです。
この長期熟成味噌が深みのある味わいを出してくれるんですよ。今回炒め物の調味料として使いましたが、これからの季節は、鍋物の薬味としても使えるんです。
【問】吉村醸造株式会社 0996-36-3121


BROWN SUGAR SYRUP ¥540(税込)

このブラウンシュガーシロップは喜界島産の黒糖を使ったシロップなんです。
カルシウムや鉄分、ミネラルが多く含まれているんですよ。
アイスクリームやパンケーキなどにはもちろん、 コーヒーや紅茶に入れても美味しいですよ。
【問】(有)ケイズコーポレーション 099-267-9395

 

大活躍!れいめい高校 スポGOMI甲子園

先月東京で開催されたスポGOMI甲子園について、MBC東京支社にいる三宅さんに伝えていただきました。

街中に落ちているゴミを拾い、その質と量を競い合うスポゴミ甲子園の全国大会が先月23日に東京で開催されました。
鹿児島から出場したれいめい高校が、ゴミ拾いと共に、大会で行われたワークショップでも活躍しました。

今年のスポゴミ甲子園は海洋ゴミ問題などに関心を持ってもらおうと次世代へ海を引き継ぐ為に行われている活動「海と日本プロジェクト」の一環として開かれました。

スポーツゴミ拾いは、決められた時間内でゴミを拾い、その質と量を競う日本で生まれたスポーツです。
全国大会には、各地の予選を勝ち抜いた25校75人の高校生が参加しました。鹿児島県代表は、薩摩川内市のれいめい高校。
ボランティアクラブのメンバー3人で全国大会にのぞみます!

れいめい高校が挑む競技エリアは、東京スカイツリーから徒歩で30分圏内という広さです。
試合時間は50分、3人はチームプレーでゴミを探して拾います。

れいめい高校の3人が、50分間で拾ったゴミの量は、燃えるゴミが2.16キロ。燃えないゴミが1.48キロ。缶とビンが1.23キロ。ペットボトルは1.02キロ。たばこの吸い殻0.18キロでした。

スポゴミ甲子園では、海洋ゴミ問題について考えるワークショップも開かれました。

れいめい高校が参加したチームの作品「人間が止めなきゃ誰が止めるんだ」が、最優秀賞に選ばれました。
れいめい高校、スポゴミ甲子園でも7位入賞。
キャッチコピーとあわせてのダブル受賞でした。

 

クレセール 9・10月号

クレセール副編集長・吉留詔子さんに伺いました。

今回の特集は「宇宙のことを知ろう!」
夜空に光る星を親子でゆっくり見てみませんか?プラネタリウムや星空観察を楽しめる施設を紹介しています。

詳しくはクレセール最新号で

 

屋久島恋カツプロジェクト

屋久島支局の大内さんが中継で伝えてくれました!

今回、屋久島の平内、湯泊、小島の3地区で開会するイベントは、屋久島に住みたいと考えている独身の女性を募集しまして、地域の青年と交流を深め、山や海の自然をたっぷり満喫してもらうというものです。
今回はありきたりな婚活イベントではなく、テーマは「恋と食」ということで、屋久島で一緒に食材を選んで、一緒に作って、食べて、同じ時間を過ごすという内容となっています。

実行委員会の平内地区の渡辺浩区長に詳しいお話をうかがいました。
渡辺区長「参加男性は3地区から17人で、21歳から59歳まで、職業も公務員、果樹農家、養鶏、大工、会社員など様々です。恋のきっかけを作っていただければと思います。」

今回参加される笹原工さんにもお越しいただきました。趣味は料理や釣り、スポーツ全般だそうです。
屋久島の魅力は自然に溢れていて、リフレッシュするには最高の場所だと教えて下さいました。屋久島で愉しくすごしてくださる方、大歓迎とのことですよ。

イベントは2回に分けて行い、第1回目の11月4日は気軽に参加できる1DAYタイプ、2回目の11月22日から24日まで2泊3日は、深く知り合えるイベントとなっています。屋久島までの往復の交通費は参加者に負担をお願いしますが、滞在中の宿泊費などは実行委員会で負担します。
年齢・初婚・再婚は問いません。子育てが終わって第二の人生を屋久島でのんびり過ごしたい女性など、気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

 

ラジからポニーメイツ

今日は脇野真衣さんが1日の中継の様子を伝えてくれました。

9/30(月)から新しくMCになった木藪アナウンサーの心の支えになるものをと南さつま市にある竹田神社へ向かったそうです。

竹田神社には鹿児島に古くから伝わる、人がどう生きるべきかという教えを詠んだ「日新公いろは歌」の四十七石碑があります。

お話を伺った加世田いにしへガイドの福元拓郎さんに木藪アナウンサーにおくる歌をうかがったところ、おすすめしたくださったのがこちら。

物をたくさん持つよりも、知識や技術を持ちなさいという教えです。
MCの二人にもずっしりとくる歌でした。