MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

ラクうまゴハン「夏の夜の『お通し』」

今回は、漬け込むだけの簡単メニュー「ミニトマトのコンポート」と「長芋きゅうりのもずく漬け」をご紹介します。ひと手間加えるだけで、お店のお通しや前菜のような素敵なメニューに仕上がります。これからの季節、一度にたくさんいただいた時のお野菜のアレンジメニューとしてもオススメです。

材料

(分量:4人分)

  • 【ミニトマトのコンポート】
  • ミニトマト … 1 パック10個~15個
  • グラニュー糖 … 大さじ2~3
  • 【長芋きゅうりのもずく漬け】
  • 味付けもずく … 3パック
  • きゅうり … 正味80g
  • 長芋 … 正味80g

ミニトマトのコンポートの作り方

  1. ミニトマトを湯剥きします。ヘタを取ってサッと洗い、ヘタの部分に包丁で十字に切込みを入れます。
  2. ボウルにミニトマトを入れ、熱湯を注ぎ20秒ほど浸けてから流水にとります。皮を剥いて水気を拭きとり、平らな器に移しましょう。
    ★ミニトマトの湯剥きは、鍋で火を通すと煮えてしまいますので、さっと湯通しする程度で十分。
  3. グラニュー糖を全体に均等に振りかけたら、蓋をして冷蔵庫で3時間程冷やして頂きましょう。

※グラニュー糖は、トマトが持つ水分を引き出しすっきりと上品な甘みのコンポートに仕上げます。
※好みで仕上げに少量の白ワインを加えるとより大人なおつまみに!
※やさしい甘みのてんさい糖で作るのもオススメ。

長いもきゅうりのもずく漬けの作り方

  1. きゅうりはピーラーで4本皮を剥き、へたを切り落としたら長さを4等分にして細切りに。
  2. 長芋は皮を剥いてきゅうりと同じ程度の細切りにします。
  3. 大きめ保存容器に、味付けもずく、きゅうり、長芋を合わせてざっと混ぜ、冷蔵庫で3時間程度漬けたら出来上がりです。

※味付けもずくを、調味料として活用するレシピ。水分を含む野菜と一緒に漬けて、バランスの取れた一品に!

 

《今回のポイント》

  • ミニトマトはコンポートにするとフルーツトマトのような味に!シャーベットやトマトゼリーなど、色んなアレンジも楽しめます。トマトから出た水分の残りのシロップもとてもおいしいです
  • もずく漬けにトマトやゴーヤ、オクラなど、夏野菜を混ぜて夏バテ防止に!お好みでわざびや柚子胡椒などを少量混ぜて頂くと香味が効きます