MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

ラクうまゴハン「なすのごちそうしょうが焼き丼」

しょうが焼きと言えば豚肉ですが、今回は旬野菜の「なす」だけで、ごちそう丼になるしょうが焼きです。出始めの今の時期の「なす」は、皮も柔らかくて種も少なく、水分もたっぷりで、加熱すると、とろけるようなおいしさです!まだあくも少ないので、あく抜きもせず調理出来ます。

材料

(分量:2人分)

  • なす … 中くらいの太いもの 1 本 200g程度
  • 薄力粉 … 大さじ 1
  • サラダ油 … 大さじ 1 と1/2
  • ごはん … 2膳分
  • 《合わせ調味料》
  • すりおろししょうが … 15g
  • 濃口醤油 … 大さじ 1
  • きび砂糖 … 小さじ2
  • 酒・みりん … 各小さじ 1と1/2

作り方

  1. 合わせ調味料を合わせておきます。
  2. なすはさっと洗ってヘタを切り落とし、1cm幅の縦 4等分にスライスし、水気を拭き取ります。
  3. なすの長さのまま入るポリ袋に、薄力粉となすを入れ、口を閉じてから上下に振って、しっかりと粉付けします。
    ★ポリ袋を使い、少しの粉でもしっかり粉がつきます。今回は薄力粉でカリっと焼き上げます。
  4. フライパンに油を熱し、なすを焼きます。蓋をせず、中火で7~8分、両面こんがりと焼き目がつくまでじっくりと焼きます。途中、裏返して油が足りなければ少し足します。
  5. こんがりと焼けたら火を弱め、合わせ調味料を全体に絡めます。
  6. ごはんになすを盛り付けて、出来立てを頂きましょう。

《今回のポイント》

  • 出始めのなすは、皮も柔らかく水分もたっぷりで、加熱するととろけるようなおいしさ!
  • まだあくも少ないので、あく抜きもせずに調理出来ます。