MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

ラクうまゴハン「新食感!パリパリきゅうりとささみの香味漬け」

ちょっとした工夫できゅうりを弾力のあるパリパリの新食感にする裏ワザを紹介!

材料

(分量:4人分)

  • きゅうり 中3本(300g)
  • 《蒸し鶏》
  • 鶏ささみ 2枚 130g
  • 塩 ふたつまみ
  • 酒 大さじ1
  • 《香味だれ》
  • しょうがのすりおろし 15g
  • きび糖・お酢 各小さじ2
  • 白ごま・濃口醤油 大さじ1と1/2


今回は、鹿児島県内一のきゅうりの産地・東串良町のきゅうりを使います!


作り方

  1. 鶏ささみは耐熱皿にのせ、塩を振り揉み込んで、酒を振ります。ささみを少し平らにならして、ふんわりとラップをかけ600Wのレンジで3分加熱します。
  2. 取り出したらそのまま粗熱を取り、食べ易い大きさに裂いて、出てきた蒸し汁を吸わせるようにします。
    ※蒸し汁をささみに吸わせることで、パサつく事なく、しっとりと仕上がります。
  3. きゅうりはピーラーで4本程度、皮を剥き、分量外の塩を少々振り、板ずりをします。
  4. そのまま3分程置き、サッと洗ったらヘタを切り落とし、1cmの厚さの輪切りに切っておきましょう。
  5. 鍋に湯を沸かし、きゅうりをサッと茹でます。きゅうりを入れて1分30秒程度で再び沸騰したら、ザルに取り上げて水気を切り、20分程、粗熱を取ります。
  6. 香味だれの材料を漬かりやすい平らな保存容器などに混ぜておきます。
  7. 粗熱が取れたきゅうりをペーパーに包んで水気をぎゅーっと絞ります。
  8. 香味だれの容器に、きゅうり・ささみも加え、全体をざっと和えて2時間程度、冷蔵庫で漬けたら出来上がりです。

《今回のポイント》

  • きゅうりをサッと茹でて水分を抜き、水気をしっかりと絞ってから、たれに漬ける。
  • 下ごしらえ後に浅漬けや醤油だれ、ポン酢だれなど、お好みのたれで楽しめる。