MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

5/23(木)は枝豆のおつまみ春巻き&ママがうれしいお弁当屋さん

チャチャっと男メシ「枝豆のおつまみスティック春巻き」

スティックサイズで手軽に!「枝豆のおつまみスティック春巻き」を作りました。

チャチャっと男メシ「枝豆のおつまみスティック春巻き」

 

ママ目線で作るママが嬉しいお弁当屋さん

MCTアリアネットの永奥里奈さんが市民レポーターの川田さんがママ目線で取材に行ってくれた様子を紹介してくださいました。

川田さんがやってきたのは5/5に霧島市国分中央にオープンした「ママコティ」

発起人の茨城敦子さんは現在、地域訪問型の助産師として活動しています。そんな中、ママと同じ目線で産後のお母さんたちに関わりたいという思いでお弁当屋をオープンしました。

お母さんたちが食べるものによって、いい母乳をつくってほしいというのがきっかけで、「マゴワヤサシイ」という日本の伝統食(豆類・ごま・わかめ・野菜・魚類・シイタケ きのこ類・芋)にそって料理をするとバランスよく栄養が取れるので、そのような食事をということで、手軽に届けられるお弁当屋を始められたそうです。

こちらのお店で働いている店員さんもママさんで、自分たちで作ることでお家の食事が変わる、家族の食事が変わる…そんなふうになればいいなと思っているそうです。

「マゴワヤサシイ」に基づいたお弁当のメニューは日替わりで、この日のメインはカレイの甘酢煮、他にも豆やゴマ、海藻など体に優しい食材がギュッと詰まっています。

店内には親子でゆっくりくつろけるスペースにおもちゃや絵本もあるので、おこさんも大満足。ぜひ、親子で訪れてください。

ママコティ
霧島市国分中央3-12-54
0995-73-8828
時間:11:00~15:00
休み:土曜日・日曜日

 

海ごみゼロアワード 応募団体紹介 色響

海洋ごみの問題が深刻化する中、今年は新たに、その対策などを考える取り組み、「チェンジ フォー ザ ブルー」を進めています。
きょうは、プラスチックごみを使ったアート作品などで、海洋ごみの対策を呼びかける鹿児島市の団体を紹介します。

日本財団と環境省は、ことし、海洋ごみ対策に積極的に取り組む、団体や企業などを表彰する、「海ごみゼロアワード」を創設。優れた活動を国の内外に発信します。

子どもたちが貼り付けているのは様々なプラスチックです。
家庭から出たごみ。そして、小さなかけらは海を漂い、海岸に打ち上げられていた、ごみです。

鹿児島市の環境アート団体、色響は小学生から大人までおよそ20人で活動しています。

代表の芳田聡子さんはピアニスト。7年前に色響を立ち上げました。

(色響 芳田聡子 代表)「色響は音楽やアートで、みなさんに少しでもプラスチックごみを減らしていける、きっかけづくりができたらなと思います」

色響では、海岸のごみや、流木などの漂着物でアート作品をつくったり、楽器をつくって演奏したりして、海洋ごみや、環境問題と向き合い、未来のことを考えています。

去年の夏にはいちき串木野市の照島海岸でごみ拾いをしました。日本だけでなく、外国からも流れ着いたごみ。
子どもたちは、その量の多さや、カラフルなプラスチックが多いことにびっくりしたといいます。

みんなで、海洋ごみについて調べた、子どもたち。壁新聞にまとめて発表しました。

カラフルなプラスチックでアート作品をつくる色響の子どもたち。一見華やかな作品の背後にある、環境問題について、思いをはせてほしいと願っています。

(芳田聡子代表)「海外から流れついたものが多かったので、やっぱり海で世界はつながってるんだなと思いました。こんなにカラフルなものが、ごみとして、いろんなところから流れてきているということを、まず、知ってもらえるきっかけになれたらなと思います」

 

地区対抗バレーボール大会

宇検村役場総務企画課 内田健治さんに今月12日と19日に行われた宇検村の「地区対抗バレーボール大会」の話題をご紹介いただきました。

12日に行われた女子の大会は6チーム、19日に行われた男子の大会は7チームが参加ました。
どちらの大会も白熱した試合が行われました。

宇検村はバレーボールがとても盛んで、この大会は、(確かではないのですが)50年ほど前から始まったということで、宇検村のみなさんがとても楽しみにしている大会です。
チームの家族の方はもちろんのこと、地域の方もたくさん応援に駆けつけ、村全体で盛り上がったそうです。

試合の結果は男女ともに芦検が優勝、2連覇を達成!
このバレーボール大会で地域の絆も深まったそうですよ。

 

すべてみせます!ピカピカの一年生

沖永良部島のケーブルテレビERABUサンサンテレビの取材です。

和泊町立大城小学校新一年生5人の元気な姿お届けしてます、ERABUサンサンテレビの人気コーナーです。

ERABUサンサンテレビでは町内の全ての小学校の新一年生のコメントを収録、放送しています。映像は保管して、成人式の会場で上映もしています。

 

和泊町新庁舎落成式・除幕式

暮らしに密着したERABUサンサンテレビ、和泊町内の出来事からこちらのニュースが届きました。

5/19新庁舎落成記念式典が庁舎前で行われ、和泊町職員や議員、施工業者、地域住民などおよそ150人が出席し、まちづくりの拠点となる新庁舎の落成を祝いました。

落成式終了後、天皇皇后両陛下の訪問を記念した行幸啓記念碑・上皇后御歌碑の除幕式が行われました。