MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

5/22(水)はプロの技牛サーロインステーキ焦がしバターソース

ちょっとひと手間プロ技レシピ「牛サーロインのステーキ 焦がしバターソース」

おいしく作るポイントは、肉の焼き方とソースつくり。プロの技を紹介しました。

ちょっとひと手間プロ技レシピ「牛サーロインのステーキ 焦がしバターソース」

 

はだか麦

「あいらびゅーFM」の上栫祐典さんが姶良市のはだか麦畑から生中継!

あい裸麦生産組合組合長・米迫愼二さんに伺いました。
8年前に二毛作を復活させようというメニューが有り、なら昔のはだか麦を復活させようと思ったのがきっかけだそうです。
昭和40年の前半までは姶良市は鹿児島県内でも有数の麦の産地でした。
周りの反応を伺うと、はだか麦を使った美味しい味噌を食べたいとお年寄りの方たちにも好評なんだそうです。

姶良市役所農林水産部農政課・池武彦さんに味噌について伺いました。
姶良市の4つの農産加工グループの方々が、それぞれの味噌を作っているそうです。
はだか麦味噌は蒲生物産館 くすくす館、姶良市内のAコープ等で販売されています。

給食にもはだか麦は使われているそうですよ!
その詳しいレシピはこちら

また、新商品「あいらのはだか麦ぼうろ」は「かご市」で発売中です!

 

リビングかごしま5月号

南日本リビング新聞社・内村由美子編集長と蔵原愛実さんにお越しいただきました。

最新号はバタバタと忙しい朝におすすめ、お湯を注ぐだけの「みそ玉」見た目も華やかな「みそ玉」の作り方をご紹介しています。
お湯を注ぐだけであっという間にみそ汁が、うれしいです。
作り方を教えていただきました。

①みそに粉末出しを加えまんべんなく混ぜる
②それを10等分して丸めます
③頂くときにお湯を注げば完成、冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月間保存できます

「ふ」を使ってカラフルに仕上げたり、基本のみそ玉にとろけるチーズを混ぜると洋風の仕上がりになったり、火を使わないので親子でいろんなみそ玉に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

野村のやさしい経済情報

野村證券鹿児島支店 岩神由宗さんに地熱発電所について伺いました。

地熱発電は、地下に溜まっている蒸気や熱水を汲み上げ、その力でタービンを回して発電する仕組みです。
地熱発電には、自然の力を使うからこその、メリットがあります。地熱発電の場合、資源が枯渇する心配がありませんし、二酸化炭素の排出量が、火力発電に比べ大幅に少なく環境にも優しいのに加え一年を通じて、安定的に発電できます。
また日本の地熱資源は単純計算で大型火力・原子力発電のおよそ20基分と豊富で国産の大きなエネルギーとなります。

日本の地熱資源量はアメリカ、インドネシアに続いて世界第3位という地熱大国ですが、まだまだ活用されていない状況にあります。

地熱資源が豊富にありそうな場所の8割が、国立・国定公園に重なっており開発が難しいこと、また開発の手間の割には出力数が小さいことも未活用につながっています。

ところが、東日本大震災を契機に、エネルギーのあり方が見直され、地熱発電などの再生可能エネルギーが再び注目されるようになりました。2015年に策定された政府の「長期エネルギー需給見通し」では、再生可能エネルギーの導入などで、原子力への依存度を可能な限り低くすることを基本方針としています。

 

海と日本プロジェクト

鹿児島市七ツ島の鹿児島港です。
漁船に乗り込んでいるのは「親子で漁業体験」の参加者およそ30名。これから錦江湾の漁場に出発です。

港からおよそ10分、錦江湾では市街地からこんなに近いところで定置網漁が行われています。

目の前で次々ととれる錦江湾の魚たちに子ども達も興味津々です!

今度は子ども達の出番です。親子で力を合わせて魚釣りに挑戦です。
目の前に広がる錦江湾は水深0メートルの干潟から200メートルの深海まであり、魚の種類が豊富です。
伝統的な漁から養殖まで、様々な漁が行われいます。

釣った魚、見せてください!

港では定置網漁でとれたばかりの魚の料理が並びました。みんなの笑顔が広がります。

谷山漁業協同組合 横山幸二組合長「(漁業は)自然相手で醍醐味もあるので、それを味わう場を作っていきたい」

鹿児島大学水産学部 大富潤教授「大都市の沿岸域の船で10分のすぐ近くで大きなヒラマサが取れる、マダイも取れましたし、こんな素晴らしいところはない。地元の魚を食べることで地元の海を守ろうと、わたしはそう思っています。」

この鹿児島市グリーンツーリズム推進課が実施する「親子で漁業体験」は秋にも実施されるということです。

 

ラジからポニーメイツ

今日は川原田優華さんが2019年1月に閉館した“大河ドラマ館”のその後について伝えてくれました。

2月9日に喜入にオープンした「西郷どんの蔵」
いくつかの展示物やオススメのお土産もあるそうですよ!

中継の様子はこちら