MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

ちょっとひと手間プロ技レシピ「鰻チーズけんちん」

シェフならではのアイデア料理をご紹介。今回は、SHIROYAMA HOTEL kagoshima 割烹思水 料理長 長崎 雄二シェフです。

けんちんといえば、けんちん汁が一般的ですが、日本料理の中ではけんちん焼きがなどが主流です。今回は、豆腐の代わりにもっと手軽で作りやすい卵を使った、けんちん焼きをご紹介します。

材料

(分量:2人分)

  • 鰻 2切れ
  • 卵 2コ
  • クリームチーズ 40g
  • 砂糖 8g
  • みりん 小さじ1
  • 薄口醤油 小さじ1
  • マヨネーズ 適量
  • サラダ油 適量
  • 銀杏 2コ
  • 人参 4g
  • 椎茸 1コ
  • たけのこ 6g
  • 絹さや 2枚
  • 《銀餡》
  • かつお出汁 72cc
  • 薄口醤油 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 砂糖・オイスターソース・生姜汁 少々
  • 叩き木の芽 少々
  • 水溶き片栗粉

作り方

  1. 銀杏はスライス、人参・椎茸・たけのこ・絹さやは細切りにする。
  2. ボウルに卵を割り、クリームチーズと調味料を加える。
  3. フライパンにサラダ油をしき、具を炒める。(炒めるときに、マヨネーズを少し加えると風味が増す。)
  4. 火が通ってきたら卵液を加える。卵液は少し残しておく。
    ※好みで、クリームチーズは1人前10~20g増やしてもOK
  5. ラップの上に鰻の皮のほうを上にして置き、炒めた卵を茶巾に絞り、600Wの電子レンジに10秒~20秒かける。
  6. 銀餡の材料を合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつけ、生姜汁・叩き木の芽を加える。
  7. 器に盛りつけて、できあがり。

 

《今回のポイント》

  • 炒めすぎても、少し残した卵液を最後に加えることで、しっとり仕上げることができます。
  • 電子レンジの加熱時間を調整することで、好みの硬さに仕上げられます。
  • 好みで、木の芽を針葱や三つ葉・刻み葱に変えても美味しく召し上がれます。