MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

5/8(水)は続々登場!令和商品&吹上浜砂の祭典

トヨヘーの○○してみました

平成から令和になりました。そこで、鹿児島にある「令和」を集めてみました。


令和セット

鹿児島最古の稲荷神社といわれている、日置市にある稲荷神社から「令和セット」です。
こちら「伊勢神宮大麻」「稲荷神社お札」「稲荷神社の桜御朱印帳」「令和の特別御朱印」「福鈴幸せ御守」がセットになっているんです。桜御朱印帳の中には、「令和」の選定理由になった万葉集の一文が書かれているんです。
こちらのセット数量限定なので数に限りがあります。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
【問】稲荷神社 099-274-5650
鹿児島県日置市東市来町湯田4008-い


錫 令和タンブラー オンザロック 桜島 260ml ¥12960(税込)

表面には、新元号の令和の文字が入っているんですが、裏側は桜島になっているんです。錫は熱伝導が良くて、温度が保てるので、美味しい温度のまま飲み続けられるんです。
また、錆びたり割れたりしないので、縁起がいいタンブラーなんです。
こちらのタンブラー注文が入ってから作るので、受け渡しまでに1週間ほどかかるそうです。
【問】薩摩錫器工芸館 0995-45-0177


令和乃梅 ¥100(税込)

新元号 令和記念して作られたまんじゅう「令和乃梅」をご紹介します。
令和の出典が万葉集の歌、梅の花の薫る園での宴の情景を詠んだ歌ということで、白い皮の中には梅餡が入っているんです。
梅は鹿児島の梅を使って作られているんです。梅の酸味でサッパリ食べられるおまんじゅうなんですよ。
【問】松栄堂 0995-62-2505


令和(赤・白)ハーフボトル ¥1100(税別)

「令和」の文字をラベルにあしらった記念ボトルのワインです。縁起がいい白と赤の2種類。
白は【シャルドネ】を使った心地よい優しい酸味で、お寿司やお刺身といったお魚料理に、赤は【カベルネ・ソーヴィニヨン】を使った豊かな果実味となめらかな渋みで肉料理にぴったりです。
【問】寿しまどか・ふぁみり庵はいから亭などでお楽しみいただけます


他にも、令和Tシャツなど色々ありますので、色んな令和を探してみてください。

 

早稲ちんの中継ですよ!

宝山ホール4階、鹿児島県立博物館別館から中継!
学芸主事の鈴東淳さんにご案内いただきました。

入り口にある恐竜の化石も6~7割が本物だそうで、とっても貴重なものです。

そして、天文のコーナーでは惑星や衛星を立体的に展示してあったり、プラネタリウムがあったりと充実しています。

リラックスしてお楽しみください。

 

ウェブメディアてのん

スタジオには、「てのん」から、住吉あかねさん、そして、もうお一方、「FUN FAN企画 旅行ぱんだ」の山口陵子さんにもお越しいただきました。

山口さんにお会いしたのは、住吉さんたちが実施した「てのん学校」の時だったそうです。
そこで山口さんは鹿児島市で旅行会社をしかもひとりで運営されていると聞いてびっくりしたとか。

山口さんがひとりで旅行会社を始めたのは昨年の1月。
実は、高校卒業と共に金融機関に就職し、結婚しても仕事を続け、定年まで勤め上げるつもりでそうですが、頑張りすぎてしまい、仕事のトラブルをきっかけに体調を崩し、休職されたそうです。

退職後、夫婦で日帰り旅行にでかけ、その時の添乗員さんの仕事ぶりを見ているのが楽しくて、その時声を掛けていただいたのがきっかけで、しばらくしてから、添乗員としての暮らしがスタート!
山口さんの旅行会社では、旅慣れた人もまた行きたくなるようなよそではやっていないツアーを目指して企画しているそうです。

山口さんは、ご自身が腰痛で随分苦労をなさったこと、そしてサービス介助士の資格もおもちであることなどから旅をためらっている方の後押しができたらと仰っています。

山口さんの記事はこちらから

 

平成最後の子ども横綱は

平成最後、沖永良部島の子ども横綱を決める大一番、ERABUサンサンテレビの取材です。

連休初日の先月27日、沖永良部島の小学生横綱を決める「西郷南洲場所」が開かれました。
小学1年生から6年生までの男女およそ80人が参加、熱い取組みが繰り広げられました!

相撲が盛んな奄美群島。沖永良部島の小学生も年に3回の大きな大会があり、生活の一部になっている子どもも多いそうですよ。

個人戦、小学一年生の部決勝はなんと相撲ガール同士の取組みとなりました。

そして6年生、平成最後の小学生横綱を決める大一番!鮮やかに取組みを制したのは伊口崇浩くんでした。

沖永良部島の小学生力士、次の大会に向けて心身の鍛錬を続けていくそうです。

 

吹上浜砂の祭典セカンドステージ

空の青と松林の緑を背景に並ぶ砂像の数およそ100基、世界最大規模の屋外砂像イベント「吹上浜砂の祭典」きのうからセカンドステージが始まりました。
セカンドステージでは一味違う楽しみ方もできるようです。
見どころを吹上浜砂の祭典実行委員会の樺山仁史さんに伺いました。

きのうから始まったセカンドステージではおよそ100基の砂像はそのままに。ひとつひとつじっくりと砂像を見学する方の姿が目立ちます。
また数は少なくなりましたが、物産・飲食コーナーも引き続き準備しております。

子どもに大人気の砂像制作体験コーナーに連休中も大人気だったSUNAカフェも土日限定で営業します!
地元の高校生が考えたサンドックが樺山さんのおすすめだそうです!

また19日には県内最大級のフリーマーケットTJガレージセールに南さつまの海と山の幸が大集合軽トラ市に懐かしい車が大集合、オールドカーフェスタと見所盛りだくさんです。
最終日には一夜限りの砂場のビアガーデンが開かれます!

2019吹上浜砂の祭典、南さつま市金峰町の砂丘の杜きんぽうで今月26日まで行われています。開場は午前9時から午後5時まで。どうぞおでかけください。

 

ラジからポニーメイツ

今日は薗田彩さんが月曜日の中駅の様子を伝えてくれました。初夏の山登りについての中継でした。

初夏の時期の霧島の山の魅力といえば「ミヤマキリシマ」5月中旬頃が見頃になりそうだとのことです。
その他にも見頃になる花があるそうですよ!

山登りをするときは肌を露出しないことと、紫外線・寒さ対策をしっかりとするなど、適切な服装でお楽しみください。

中継の様子はこちら

『初夏の山』へ行こう♪