MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

3/14(木)は男の料理丸ごとトマト焼き、奄美トンネルバスツアー

チャチャっと男メシ「丸ごとトマト焼き」

レッシュトマトを楽しむインパクトバツグンの「丸ごとトマト焼き」を紹介。

チャチャっと男メシ「丸ごとトマト焼き」

 

もらって嬉しいホワイトデースイーツ

今日も学生レポータのお2人がおいしい話題を伝えてくれました。

2人がやってきたのは国分駅すぐ近くにあるケーキ屋「Patissiere Une Passion」

女子大生が選ぶホワイトデーにもらって嬉しいスイーツとは?

2人が選んだスイーツはイチゴを使った見た目も可愛いケーキ。

いちごのショートケーキは低脂肪の生クリームを使っているので甘さも控えめで大人の人でも楽しめるようになっています。
いちごのティラミスモンブランは上からいちごクリーム・生クリーム・マスカルポーネのクリームになっていて、チーズが好きな方にもオススメ。中にいちごのコンポートも入っていて、甘酸っぱさも味わえます。

今はいちごの美味しい季節なので、いちごののったケーキがオススメ。また、上杉さんはチョコレート系がお好きということで、ダイスもオススメだそうですよ。他にも焼き菓子などもありますよ。

Patissiere Une Passion
霧島市国分中央1-3-42
0995-73-6938
時間:9:30~19:00
休み:水曜日

 

バズって鹿児島!カゴシマニアックス情報

中園信吾さん鹿児島市名山町にオープンした「MarkMEIZAN(マークメイザン)」で無料Wi-Fiをキャッチしてきたという話題をご紹介いただきました。

「MarkMEIZAN」は鹿児島市が情報関連企業の育成・支援のために作った施設です。
5階建ての建物の2階には共有オフィスや調理ができる部屋が、1階部分には無料Wi-Fiが利用できる
フリースペースやギャラリーが整備されました。

フリースペースに入るには、会員登録が必要です。書類に必要事項を記入してカードもらいます。このカードを使って入ることが出来るようになります。
中園さんもよく利用されているそうで、この場で打ち合わせや、紹介などの新しいつながりもできているそうです。

コアワーキングスペースは鹿児島市内にもいくつかあります。
MBCにもテゲラボというスペースがありますが、こちらも中園さんはよく利用されているとか。

先日は「ヨネヒゲックス」というYoutubeチャンネルの動画を撮影されたということで、その動画もご紹介しました

 

奄美 宮古崎トンネル見学ツアー

あまみエフエムの渡陽子さんに「はげ!たまがりじゃあ」トンネル見学ツアーについてご紹介いただきました。

「はげ!たまがりじゃ!」とは、「わぁ~びっくりだ!」といった意味なんですが、普段は見ることのないトンネル工事現場に潜入と言うことで、毎回大人気です。

やってきたのは、奄美市名瀬根瀬部と大和村国直を結ぶ宮古崎トンネルの建設現場です。
重機も並び、大きな工事が行われていると実感します。

この宮古崎トンネル、工事が始まったのは2014年、現在はトンネルのおよそ半分まで掘り進めているとのことです。参加者は、歩いてトンネルの一番奥を目指します。

トンネルを見学した後は、国直集落のみなさんが作ってくれた鶏飯をお昼にいただきました。そして、午後からはトンネルの石や浜辺で拾った貝で写真立てを作って、とても楽しい一日を過ごしました。

 

ペットは黒豚

長島町伊唐島の竹山司郎さんと孫の髙橋大希さんがペットとして飼っているのは、鹿児島黒豚です。
生後10か月のメスで、名前はブーコちゃん。体長は1メートル30センチで体重は70キロを超えます。

ブーコちゃんは、竹山さんが知り合いから預かったことがきっかけで飼うことになりました。普段は伊唐大橋近くの畑で飼っていて、2人は暇を見つけて散歩に出かけます。孫の大希さんが手綱をとるとブーコちゃんは、大希さんをグイグイと引っ張ります。

目的地に着くとあごの下やお腹をなでられて気持ちよさそうにするブーコちゃん。

(髙橋大希さん)「(好きなのは)ブーコのしっぽがクルっとしているところ。あとは顔がキューティーなところ」」
(竹山司郎さん)「大量に飼っている豚とすればまろやかな感じの顔な気がする。えらい大きくなってきたどうしましょうかねハハハ飼えば情がうつるしなぁ」

散歩の帰り道、ブーコちゃんが見つけたのが大好物の椎の実です。

そして、散歩を終えて、畑に戻るとサツマイモやキャベツを食べます。食欲旺盛でどんどん大きくなるというブーコちゃん。竹山さんと大希さんは、これからも大切に育てていきたいということです。