MBCテレビで月~金 15:40~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。

ラクうまゴハン「レンジでつくる 料亭風・鶏ひき肉の茶碗蒸し」

レンジで手軽に作る茶碗蒸し。鶏のひき肉でうま味がたっぷりのひと品!

材料

(分量:4人分)

  • 溶き卵(常温にもどしてから溶いたもの) 240g
  • 生椎茸 2枚
  • かまぼこ 50g
  • ワカメ(戻したもの) 適量
  • 三つ葉 少々
  • 《だし液》
  • 水 300cc
  • 鶏ひき肉 80g
  • 白だし 20cc(大さじ1+小さじ1)

作り方

  1. 小鍋にだし液の材料(水・鶏ひき肉・白だし)を入れて火にかけ沸騰させる。
  2. 沸騰したらアクをとり、鶏ひき肉に火が通ったら、火を止めて冷ましておく。
  3. かまぼこは12等分のうす切りに、生椎茸は8等分のうす切りに、ワカメは戻して食べやすい大きさに切る。
  4. 器に、かまぼこ・生椎茸・わかめを4等分に入れる。
    ★器は、茶碗蒸し用の器か、レンジ加熱のできるそばちょこ・湯のみなどでも。
  5. 溶き卵は白身のコシを切るようにしっかりと溶いておき、ザルを使って一度濾す。
    ★茶漉しなどの目の細かい網で濾すよりも、粗めの網で濾す方が出来上がりが滑らかになります。
  6. 冷ましておいただし液と溶き卵を混ぜて卵液を作り、器に均等に注ぐ。
  7. ひとつずつラップをしっかりかけて、3箇所ほど穴をあける。
  8. 大きめの耐熱皿にのせて、200Wのレンジで15分~17分加熱する。
    ★200Wの低温でレンジ加熱することで、蒸したような食感の茶碗蒸しになります。
    ★15分加熱して取り出し、まだ汁っぽいようなら、200Wで30秒ずつ加熱時間を足して様子をみましょう。
  9. 加熱が終わったら、三つ葉を飾って出来上がり。

《今日のポイント》

  • 鶏ひき肉を使うことで、うま味がアップします。
  • レンジの低温加熱で蒸し器を使わなくても茶碗蒸しを作ることができます。