MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

2/11(月)は肉を楽しむボリュームハンバーガー、志布志ダゴ祭り

MBCアナウンサー春の朗読会

昨日は、MBCアナウンサー春の朗読会が開催されました。

たくさんの親子に参加いただき楽しい朗読会になりました。

ことしで16回目となる「ボンタンアメスペシャル・MBCアナウンサー春の朗読会」。
ことしは「Gift=おくりもの」をテーマに私たちアナウンサーが絵本などを朗読し、会場を訪れた親子連れのみなさんと一緒に楽しみました。

また、世界自然遺産登録を目指す奄美の文化を紹介しようと、三線の演奏や、奄美の小学生が作った童話の朗読もありました。

 

 

肉の旨味たっぷり「ビーフハンバーガー」

ボリュームたっぷりの「ハンバーガー」を紹介しました。

肉の旨味たっぷり「ビーフハンバーガー」

 

早稲ちんの中継ですよ!

きょうはさつま町北薩広域公園から生中継!絵手紙作家の小向井一成さんにインタビュー。

作品もお持ちいただきました。ハガキだと10分ぐらい、大きなものでも40分ぐらいで完成するとか。
小向井さんの心の中に残っている風景なのですぐに描けるそうですよ。
絵葉書は手元に残りませんが、絵日記も描かれているそうで、そちらも見せていただきました。

そして、現在は小学校で紙芝居で昔の風景などを伝えていらっしゃいます。西郷さんのお話をご紹介いただきました。

 

龍馬ハネムーンウォークin霧島

スタジオには龍馬ハネムーンウオーク実行委員長の中堀清哲さんと、平成の霧島龍馬こと、福永翔平さんに来ていただきました。

来月行われる「龍馬ハネムーンウォークin霧島」について伺いました。

幕末の志士、坂本龍馬とその妻お龍が、1866年に3ヶ月にわたり鹿児島を訪れていて、それが日本で最初の新婚旅行と言われています。
龍馬ハネムーンウオークは、その龍馬が訪れた霧島の自然を紹介しようということで始まり、今年で23回目。3月16日(土)と17日(日)の2日間開催します。

大河ドラマのオープニング映像でも登場した霧島。みなさんの印象も鮮明だと思います。
今年は霧島温泉コースをリニューアルしましたので、霧島の自然そして温泉の魅力をこれまで以上に多くの人に楽しんでいただけると思います。

「龍馬ハネムーンウオーク」といえば、地元の方のおもてなしが、いいんです!
コース沿いの地元の皆さんが心づくしのおもてなしを準備しています。
お茶や漬物、名物鍋、豚汁、手作りのふくれ菓子、黒砂糖、ぜんざいなど、このおもてなしと地元の方とのふれあいを楽しみに毎年参加される方もいるんですよ。

大会当日でも参加申込可能はですが、28日までにお申込いただくと参加料がお安くなります。

詳しくはこちら

 

田之浦山宮神社のダゴ祭り

鹿児島県内で一番早い春祭りとして知られる、田之浦山宮神社のダゴ祭りが、今月3日開かれました。
県の無形民俗文化財にも指定されているダゴ祭り。
ダゴ花を準備する小学生たちの様子や祭りの様子などBTVケーブルテレビ志布志局から伝えていただきました。

祭り3日前、田之浦小学校では児童たちが準備を進めていました。
祭りで奉納されるダゴ花の竹串、ヒラヒラ作りです。竹を薄く削って稲穂に見立てています。
教えるのは昔からダゴ花を作ってきた地域のおじいちゃん達です。

こうしてヒラヒラができると、次の日、今度は地域のおばあちゃん達がヒラヒラにつける団子、ダゴ作りを教えにやってきました。
ダゴ祭りは1年の無病息災や五穀豊穣を願うものでダゴ花も豊作を祈って作られます。

小学校の活動を通じて次の世代へと伝えられるダゴ花作り、また、活動を通じて地域の高齢者と交流をすること児童たちにとっても特別なものになっています。
ダゴ祭り当日、境内には地域住民が作ったダゴ花が並びました。その中にはもちろん田之浦小学校のものもあります。

祭りではダゴ花のほかに神楽が奉納されます。
田之浦小学校の児童たちはここでも大活躍。巫女舞と岩戸潜り舞を舞いました。

雨のため室内で行われた田之神舞では田之神と農民「田吾作」のこんなやりとりが笑いを誘いました。

神楽は予定より早く終わり、祭りのクライマックスはダゴ花の争奪戦です!
縁起物のダゴ花は大人気であっという間になくなりました。

地域で守り続けている田之浦山宮神社のダゴ祭り、地域住民一人ひとりの努力によって伝統が受け継がれています。