MBCテレビで月~金 15:50~16:50の生放送!「ひと足早い」ニュース、「より幅広い」地域の話題、「暮らしに役立つ情報」美味しくて役立つレシピを“ふるさとたっぷり”にお送りします。MC下山英哉と豊平有香がお届けします。

2/12(火)は白菜とぷちぷち鶏団子の中華煮込み、早稲ちんの中継ですよ!

ラクうまゴハン「白菜とぷちぷち鶏団子の中華煮込み」

肉だねに白ゴマをたっぷり練りこんでぷちぷちした食感が楽しいひと品を作ります。

ラクうまゴハン「白菜とぷちぷち鶏団子の中華煮込み」

 

早稲ちんの中継ですよ!

今日は吉野公園から中継!

管理事務所所長の沖静さんに伺いました。
2月17日(日)には「梅ウォーキング大会」されます。9:30から受付開始で10:00開会式でスタートする参加無料のウォーキング大会です。
園内の白梅は現在5~6分咲き、紅梅は満開になっています。

オススメのサクラをご紹介いただきました。それは満開の「カワヅザクラ」。

大木だけではなく、小さな木もたくさんあります。
今月いっぱいは楽しめるそうですよ。ぜひ、お出かけください。

県立吉野公園
鹿児島市吉野町7955番地 099-243-0155

 

ONSENガストロノミーウォーキング

FMさつませんだいの泊亜希子さんが薩摩川内市樋脇町市比野の「日本料理みやま」から中継!

市比野は美人の湯として有名です、そして、ふるくは薩摩藩主島津光久公に「天下の銘泉」と讃えられた歴史のある温泉街なんです。
そんな市比野の町を舞台に、来月3月9日すてきなイベントが開催されます。

ONSENガストロノミーウォーキング実行委員会の谷口尚也さん、薩摩川内市観光物産協会観光旅行事業部・田中あづ美さんに伺いました。

ガストロノミーとは、「美食」という意味です。
「めぐる」「つかる」「食べる」、そして「飲む」をテーマに、市比野の自然を楽しみながら「めぐる」、チェックポイントごとに提供される地元の食材をつかった自慢の一品を「食べる」、そして心地よい汗をかいたあとには、温泉に「つかる」、という市比野を丸ごと楽しんで頂けるイベントです!
「飲む」というのは薩摩川内市の七つの蔵が提供する焼酎・お酒が飲み放題となります。

昨年が初めての開催でした。ご好評を頂き、今年が2回目の開催となります。

「日本料理みやま」のチェックポイントでは、「柿味噌」を使った焼きおにぎり、そして薩摩川内市を代表する銘酒「村尾」を提供する予定です。

景色、食はもちろんのこと、ぜひ焼酎も楽しんで頂きたい、ということでぴったりのバスツアーもあるそうです。ぜひ、ご参加ください。

くわしくはこちら

 

全国ご当地どんぶり選手権

先月まで、東京で行われていた「全国ご当地どんぶり選手権」について志布志市東京駐在所の児玉祥一郎さんに伺いました。

今年で11回目の開催となる「ふるさと祭り東京」は、全国の祭りと味を楽しめるイベントで、期間中には40万人ほどが来場します。

このイベントの目玉のひとつが、全国ご当地どんぶり選手権。
18のどんぶりを食べ比べ、来場者の投票でグランプリを決めるものです。

志布志市が出品したのは、「志布志発かごしま黒豚三昧」。
トロトロに煮込んだ黒豚の角煮を、そのままで炙り焼きにして、さらには出し巻き卵で包んでと、角煮の旨さを、存分に生かしたどんぶりです。

連覇を狙う今年は、例年以上に激戦。
過去の選手権で、グランプリを獲得した米沢牛のステーキ丼や北海道のうにめし丼が、参加しているからです。

初日から大変な賑わいをみせた全国ご当地どんぶり選手権。
結果は惜しくも準グランプリだったそうです。

 

ERABUサンサンテレビの沖永良部情報

~大城小学校の黒糖作り~

今月5日、和泊町の大城小学校で毎年恒例の黒糖作りが行われました。
これは、郷土体験学習の一環で行われているもので児童と保護者、そして地域の中学生も一緒に参加、きび刈りから始まるすべての工程を体験します。

刈り取ったさとうきびはサタグルマにかけて絞ります。
こうして絞った汁を集めて今度は校内にあるサタ小屋で煮詰めます。
煮詰めたら型に流し固めます。

大変な作業を体験した分、その味は格別だったのではないでしょうか?