MBCテレビ・ラジオ・イベントのホットな最新情報!

10/30(金)鹿児島先行公開「大綱引の恋」

薩摩川内市を舞台にした家族の愛の物語。

2020年10月30日(金) 鹿児島先行公開
2021年全国公開予定


MBCでは10月30日(金)からの 鹿児島先行公開に先立ち、招待試写会を予定しています。
また、撮影現場を密着取材したメイキング特番も製作!!
その他、テレビ・ラジオで様々な情報をお伝えします!


特別番組

「公開直前 大綱引の恋メイキングスペシャル」
10月17日(土)16:30~17:00

10月30日より鹿児島先行公開の映画【大綱引の恋】。舞台となった薩摩川内市での撮影現場に密着する。
俳優の三浦貴大、比嘉愛未、松本若菜らが鹿児島弁に苦戦。知英(ジヨン)は甑島で意外な想いを吐露する。鹿児島出身の恵俊彰、西田あいも出演。国道3号を封鎖して挑んだ大がかりな撮影も。
前作【六月燈の三姉妹】のスタッフが再結集した約1か月。佐々部清監督の遺作となった今作の舞台裏に迫る。


「どーんと鹿児島~映画公開&甑大橋開通 今熱い! 大綱引の街を巡る」
10/21(水)20:00~20:54

薩摩川内市の伝統行事「川内大綱引」を巡る人間模様を描いた映画「大綱引の恋」。全国公開に先駆けて、地元鹿児島で10月30日に先行公開される。
映画の舞台、薩摩川内市では8月、中甑島と下甑島を結ぶ「甑大橋」が開通。上甑島と合わせた3島が橋でつながり、島民は喜びに湧いた。映画の公開、さらに悲願だった橋の開通と、今、大いに盛り上がっている薩摩川内市を映画に出演している比嘉愛未さんと西田聖志郎さんが1年ぶりに再訪。ロケ地を巡って懐かしい人たちと再会し、映画の見どころやロケの裏話、川内大綱引にまつわる話題などを語る。また、MBCの新人アナウンサーが甑島や市内各地を訪ね、観光やグルメなどの魅力をフレッシュな視点で紹介する。

どーんと鹿児島HP


薩摩川内市で420年続く勇壮な伝統行事“川内大綱引”を舞台に、切ない恋や様々な家族愛を描く映画「大綱引の恋」
来春の全国公開に先立ち、10月30日より 鹿児島で 先行公開されます。

主演は、三浦貴大と知英。比嘉愛未、石野真子らも鹿児島弁で熱演。
鹿児島出身の恵俊彰や西田あい、西田聖志郎の他、鹿児島のキャスト陣や、地元のエキストラなど見知った顔や薩摩川内市・鹿児島市内の 身近な風景も多くみられ、鹿児島県民は、より一層 楽しめそうな映画です!

上映は、「鹿児島ミッテ10」「天文館シネマパラダイス」「シネマサンシャイン姶良」「TOHOシネマズ与次郎」の4館です。

現在、4館とイープラスチケットで、前売券好評販売中。
また、公開の10月30日には主なキャストが来鹿して、各館で舞台挨拶もあります。

公式サイトはコチラ

 

【STORY】

有馬武志(三浦貴大)は、35歳にして奥手の独身。鳶の親方であり“大綱引”の師匠でもある父・寛志(西田聖志郎)から常々「早う嫁を貰うて、一人前になれ。」とうるさく言われている。

とある日、ふとした事件から韓国人女性研修医・ジヒョン(知英)と出会い、次第に心を通わせるようになる。その頃、有馬家では、母・文子(石野真子)が“定年退職”を宣言し、女将も家事も放棄したため、妹・敦子(比嘉愛未)も含め家族の皆が四苦八苦する。

一方、年に一度の薩摩川内市の一大行事”大綱引”が迫る中、武志はジヒョンから「あと2週間で研修期間が終わり、帰国して韓国の病院で勤務することになっているの…」と告げられる。

「出会いとは?」「結婚とは?」「家族とは?」「覚悟とは?」--。二人の恋を通して描かれる様々な愛の物語。


【キャスト】

三浦貴大 知英
比嘉愛未、中村優一、松本若菜、西田聖志郎、石野真子、朝加真由美、升毅、
金児憲史、金井勇太、伊嵜充則、安倍萌生、月影瞳、小倉一郎
恵俊彰(友情出演)、沢村一樹(友情出演)


監督:佐々部清
企画・製作:西田聖志郎
脚本:篠原髙志
主題歌:AI 「Story」
製作:映画「大綱引の恋」フィルムパートナーズ
製作:パディハウス
制作協力:シネムーブ


©2020「大綱引の恋」フィルムパートナーズ