特別企画展「岡本仁が考える 楽しい編集って何だ?」

会期 2021年7月16日(金)-9月12日(日)
※月曜日休園(8月9日(月)は開園、8月10日(火)は休園)
会場 鹿児島県霧島アートの森 アートホール
観覧料 一般  800円(600円)
高大生 600円(400円)
小中生 400円(300円)
※()内は前売料金及び20名以上の団体料金

詳しくはコチラ


90年代から現在に至るまで時代が希求する「面白いものやこと」を紹介し、流行や文化へと繋がる価値を創出し提供してきた編集者 岡本仁の展覧会を開催します。

岡本は、2010年に編著『ぼくの鹿児島案内』で日々の何気ない事象を取り上げ、社会に根付いた価値あるものの発見を私たちに促してきました。

本展は、まるで雑誌のページをめくるような構成で、手掛ける編集物や関連アーティストの作品などを展示し、ものや話題を集めて選んで編む「編集」のプロセスについて紹介します。また、岡本がワークショップ等をとおして出会った新たな才能や、これからの人生にとって必要なもの・ことについて提案します。


主催:鹿児島県文化振興財団、南日本新聞社、MBC南日本放送、KTS鹿児島テレビ
お問い合わせ:鹿児島県霧島アートの森 TEL:0995-74-5945

関連記事一覧