第30回記念 2014かごしま県民第九演奏会

第30回記念 2014かごしま県民第九演奏会
とき 2014年12月14日(日)
ところ 宝山ホール

鹿児島の年の瀬を彩る「2014かごしま県民第九演奏会」が12月14日、鹿児島市の宝山ホールで開催されました。

公募による16歳から87歳までの333人の合唱団と鹿児島交響楽団82名が参加しました。 30回の記念となる今回は指揮者に本演奏会最多の6回目の登壇となる汐澤安彦さんを9年ぶりにお迎えしました。 ソリストは、本演奏会初出演となる方が3名、ソプラノの松田奈緒美さん、アルトの林美智子さん、テノールの高橋淳さん。 バリトンは昨年に引き続き鹿児島出身の大山大輔さんでした。 ワーグナー『楽劇「マイスタージンガー」前奏曲』の演奏で幕開けしました。 ベートーベンが苦悩と希望への願いを込めたといわれる交響曲第九番ニ短調を、壮大な合唱とともに響かせ、 約1500人の観衆を魅了しました。
演奏会の模様は平成26年12月31日、特別番組としてMBCテレビで放送されました。

出 演

指揮:汐澤 安彦

ソプラノ :松田 奈緒美

テノール:高橋 淳

アルト: 林 美智子

バリトン:大山 大輔

鹿児島交響楽団(副指揮):真邉 省至

かごしま県民第九合唱団(合唱指揮): 片倉 淳

曲 目

R.ワーグナー作曲
楽劇「マイスタージンガー」前奏曲

ベートーヴェン作曲
交響曲第九番 ニ短調 作品125「合唱付」