明治維新150周年記念 南日本小学生バレーボール2018年大会(第30回)

8/3(金)~8/5(日) 桜島総合体育館・補助体育館

実施日 8月3日(金) ~8月5日(日)
ところ 桜島総合体育館・補助体育館
対象/参加方法 平成30年度、スポーツ少年団に登録・加入しているチーム
男子13チーム、女子32チーム、混合37チーム出場
主催 南日本小学生バレーボール大会実行委員会
お問合せ 桜島総合体育館 099-293-2967

県内最大の小学生バレーボール大会として親しまれているこの大会。30回目の記念大会となった今年は、男女合わせて82チーム、およそ850人が出場し、熱戦が繰り広げられました。

初日は30回を記念して、この大会に出場した元バレーボール女子日本代表、ロンドン五輪銅メダリストの迫田さおりさんが登場し、子どもたちにアドバイスしたり、質問を受けるなど交流しました。

大会3日目の女子の決勝は、昨年準優勝の雪辱を果たしたい「錦江台(きんこうだい)なでしこ」と、初優勝を目指す「川上女子」の対戦。互いにボールを拾ってつなぐ全員バレーでシーソーゲームが続きましたが、セットカウント 2-0で、「川上女子」が初優勝を果たしました。

一方、男子・混合の部の決勝は、3度の優勝経験のある「伊佐市スターダストジュニア」と、初優勝を目指す「寿(ことぶき)JVC」の対戦。両チームともエースが点を取り合い、一進一退の攻防となりましたが、セットカウント2-0で、「伊佐市スターダストジュニア」が4度目の優勝となりました。

<大会結果>(カッコ内は地区)

【女子の部】

優勝 川上女子(鹿児島)
準優勝 錦江台なでしこ(鹿児島)
3位 国分北女子(姶良・伊佐)/坂元台 (鹿児島)

【男子・混合の部】

優勝 伊佐市スターダストジュニア(姶良・伊佐)
準優勝 寿JVC(肝属)
3位 東谷山(鹿児島)/西原台男子(肝属)

当日の様子