現役第一線で活躍中の老若男女と語るラジオ・サロン!

陶山賢治のぶにせんもえ

今回のゲスト

鹿児島の将棋界のトップ棋士 将棋アマチュア五段 福森亘さん (4月22日~ 全3回)

更新日:

将棋アマチュア五段 福森亘さん (30歳)

◇転勤族で、奄美の小学校に通っていたとき、ゲーム倶楽部というクラブ活動で、
いろいろなボードゲームがある中、唯一勝てたのが将棋。そこで将棋が好きになった。

◇中学2年で鹿児島市内に帰ってきた際、同級生の親戚が天文間の将棋センターに
通っていたので、自分も通うように。
年下の子たちにほとんど勝てず、悔しさから本格的に将棋を指すように。

◇将棋のプロを目指して、月に2回のペースで大阪へ。土曜に寝台列車で通い、
日曜に対局、月曜の朝に鹿児島に戻り、一限目は休んで、二限目から授業を受けていた。

◆将棋のプロになるには…奨励会に入会し、四段に昇格するとプロへ。
ただ、一年間に4人しかなれない。
そもそも奨励会に入会するために、研修会という場所で勝ち星を重ねることが条件。
当時、研修会が開催されるのが、東京と大阪だけだった。

◆高校一年生の16歳の頃から県の大会で今まで1年を通して、必ず何か一つは優勝してきた。
◆鹿児島県竜王 代表回数 計6回 (平成19年~22年、24年、26年)
◆MBC学園で第二・第四土曜日 午後3時15分から1時間半 「子ども将棋教室」を開催。幼稚園から中学生までを対象に将棋を教えている。

MBC学園 こども将棋教室

-今回のゲスト

Copyright© 陶山賢治のぶにせんもえ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.