現役第一線で活躍中の老若男女と語るラジオ・サロン!

陶山賢治のぶにせんもえ

今回のゲスト

漫画家 古林海月さん (12月3日・10日)

更新日:

漫画家 古林海月さん

◇1969年1月17日、鹿児島市生まれ。

◇姫路市在住

◇2003年 夏に降る雪(イブニング)でデビュー

◇公務員時代に仕事でハンセン病療養所・邑久光明園を訪問。

その後も入所者・退所者らと交流を重ねながら、ハンセン病人権マンガ『麦ばあの島』を執筆。

※邑久光明園(おくこうみょうえん)・・・全国に13ある国立ハンセン病療養所のうちの一つで、

岡山市の東南35Kmの瀬戸内海に浮かぶ、長島にある。

 

※ハンセン病とは

・結核菌ときわめて近い関係にある。“らい菌”という細菌によってひきおこされる慢性の感染症。早期に発見され、正しい治療が継続されることにより、障害を残すことなく治療する病気である。

・日本におけるこの疾病に対する無知、それによって生ずる誤解、偏見は少なくなったといってもすさまじいものがある。

 

※鹿児島県内のハンセン病療養所および所在地

・星塚敬愛園 (鹿屋市星塚町)

・奄美和光園 (奄美市名瀬和光町)

 

◆趣味は野菜作りと動物。うさぎ、猫、フェレットらの世話に追われている。

-今回のゲスト

Copyright© 陶山賢治のぶにせんもえ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.