台風と熱帯低気圧の違い

今回は「台風と熱帯低気圧の違い」です。

「熱帯低気圧」は熱帯の海で発生する低気圧すべてをまとめた呼び名です。

そして、「台風の卵」となることもあります。

「熱帯低気圧」のうち北西太平洋か南シナ海で発達して最大風速が17メートル以上となったものを「台風」と呼びます。

「台風」と「熱帯低気圧」の違いは「風の強さ」だけです。

「熱帯低気圧」でも発達した雨雲があって、強い雨が降ることもあります。

「台風」ではない「熱帯低気圧」でも注意が必要です。