自分の身は自分でしか守れない!

自分の身は自分でしか守れない!

2017年7月の九州北部豪雨では九州で初めて大雨特別警報が出るなど、局地的に記録的な大雨となり、多くの犠牲者が出ました。
この時の雨の降り方、また気象情報の発表はどのような経過だったのでしょうか。またどのように対処すればよかったのでしょうか。

自分の身は自分でしか守れない!

この図は福岡県朝倉市の7月5日の1時間雨量を示したものです。
午後になって急に猛烈な雨が降り、夜の初めにかけて大雨が続きました。5日の日降水量は500ミリを超え、またこの間に何度も記録的短時間大雨情報が発表されるなど、局地的な大雨となったのでした。

この大雨に対して気象庁では大雨警報を発表していますが、警報が出されたのは、すでに猛烈な雨が降っている最中でした。また大雨特別警報が出されたのは、わずか数時間で7月ひと月分以上の雨量を記録した後でした。

自分の身は自分でしか守れない!

警報に先立つ予告的な大雨情報は、1時間に40ミリ、24時間で100ミリの予想、また警報を補完する大雨情報は1時間に70ミリ、24時間で180ミリなど、実際の雨量と比べてみると、はるかに少ない雨量予想です。

自分の身は自分でしか守れない!

気象庁は今回の大雨をもたらした線状降水帯は台風などと違い規模が小さく、発生場所や継続時間を正確に予測することは今の技術では難しいとしています。
従って、特別警報になる前でも、市町村の発表する避難勧告などに従って早目に避難することが大事ですし、自分で身の危険を感じた場合は市町村からの指示を待たず自主的に避難することも重要です。