車に乗っている時の注意点

今回は「車に乗っているときの注意点」です。

車に乗っているときの雨のイメージとしては、1時間に20ミリ以上ではワイパーを速くしても見づらい、

30ミリ以上では高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かない、

50ミリ以上では車の運転は危険となります。

アンダーパスは水がたまりやすく大雨で冠水する危険性があるため、避けるようにしましょう。