土砂災害の特徴と前兆現象

今回は「土砂災害の特徴と前兆現象」です。

土砂災害の特徴と前兆現象
まずは「がけ崩れ」です。がけの表面に近い部分に雨水がしみ込んでゆるみ突然崩れ落ちます。

土砂災害の特徴と前兆現象
崩れ落ちるまでの時間がごく短く、人家の近くでは逃げ遅れる場合もあります。
がけ崩れの前兆現象は小石がパラパラ落ちてくる、がけにひび割れができる、などがあります。

土砂災害の特徴と前兆現象
次に土石流です。山腹や川底の石などが豪雨などによって一気に下流へ押し流されます。時速20~40キロで一瞬のうちに人家や畑などを壊滅させてしまうことがあります。

土砂災害の特徴と前兆現象
土石流の前兆現象は山鳴りがする、急に川の水が濁り流木が混ざるなどです。

土砂災害の特徴と前兆現象
最後に地すべりです。斜面の一部または全部がゆっくりと動きます。
動く範囲が広いため甚大な被害を及ぼす恐れがあります。

土砂災害の特徴と前兆現象
地すべりの前兆現象は斜面から水が噴き出す、樹木が倒れるなどです。

土砂災害の特徴と前兆現象
前兆現象に気が付いたら、できるだけ早めに避難をされることが大切です。