天気予報の時間区分を知ろう!

今回のテーマは「天気予報の時間区分を知ろう」です。

天気予報で、未明とか、夜のはじめ頃とか、お聞きになったことがあると思います。

これを例えば、13時から降るとか、14時から降るとか、具体的な表現に、できないものでしょうか?

できない理由は、大きく2つあります。

  1. まず地域の中で、降り出しの時刻が違ってくる
  2. 先のことを予想しているため、降りだしの時刻がズレてしまう可能性があり、時間に幅を付けて、発表している

天気予報では、3時間おきで表現しています。

未明・明け方・朝・昼前・昼過ぎ、夕方は午後3時~午後6時のことで、その後、夜のはじめ頃・夜遅く、と8つに分類しています。

そして午前午後は、分かりやすいですが、日中は「午前9時~午後6時」、夜は「午後6時~夜の12時」までのことを表しています。