短時間に降る大雨により一層注意を!

今回は「短時間に降る大雨により一層注意を!」です。

1976年~去年までに全国の1000か所のアメダスで1時間に80ミリ以上の

猛烈な雨を1年間に何回観測したか1年ごとに表したグラフです。

長期的に見て、発生回数が増加していることがわかります。

(グラフは気象庁ホームページより)

さらに県内の記録をご覧ください。

観測史上1位の大雨、1時間雨量の記録です。県内の多い方から5か所です。

瀬戸内町古仁屋で143.5ミリ、枕崎市127ミリなどとなっています。

各地で2000年以降に記録を更新しました。

近年、雨の降り方が局地化、集中化、激甚化しています。

災害から身を守るために防災気象情報を活用してください。