「大雨情報」どう対応したらいいの?

梅雨の期間中は大雨情報がたびたび出されます。
その時われわれはどのような対応を取ればいいか考えてみましょう。

「大雨情報」どう対応したらいいの

まず大雨情報は大きく分けて2種類あります。
①災害をもたらすような大雨の発生する約1日程度前に、大雨警報や注意報の発表に先立って注意・警戒を呼び掛けるもの。
②大雨警報や注意報が発表されているときに、これまでの大雨の経過や、今後の予想、さらに防災上どのような点に留意すればいいかなどを、具体的に解説するもの。

「大雨情報」どう対応したらいいの

大雨情報が出された時の対応。
①大雨に先立って情報が出されたときは、今後、市町村別に発表される大雨警報や注意報に気を付ける。またテレビ・ラジオから最新の情報を入手することが大事です。
②家の周りの雨の降り方に気を付けるとともに、もしもの時に備えて非常持ち出し品の準備を。また自治体からの避難に関する情報に留意するとともに、危険を感じたら自主的に避難することが大事

「大雨情報」どう対応したらいいの