今年の梅雨の傾向は?

大雨シーズンを間近に控え、梅雨の防災ナウをお伝えします。
第1回は、「今年の梅雨の傾向」です。

ことしの梅雨の傾向

梅雨前線は、季節を分ける前線。
真夏の太平洋高気圧の北に発生します。
ただ今年は、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧が例年よりも西への張り出しが強まる見込みです。

ことしの梅雨の傾向

こうなりますと、雨の元となる暖かく湿った空気、つまり暖湿流が高気圧の縁を回って、流れ込みやすい構造になります。となると、梅雨前線の活動が活発化しやすく、ひと雨の雨量が多くなる可能性が高まります。

特に、薩摩・大隅、種子島・屋久島地方では、平年並みか多めの雨量が予想されているため、雨の降り方には、警戒しなくてはいけないようです。