道路冠水したときは

今回は「道路冠水したときは」です。
夜間、大雨のとき、すでに道路冠水した場合、屋外での移動は危険なこともあります。

 

特に、流れが激しい場合、移動は極力避けましょう。
水の深さが50センチ(大人の膝の高さくらい)を上回ると避難は危険です。水の深さ20センチほどでも流れがはやい場合、歩行が不可能になることも。

用水路などで転落の恐れのある場所では10センチほどでも危険と言われています。そのようなときには、無理して避難所には避難をせずに、自宅や近くの建物の2階以上に避難し、救助を待つことも考えてみてください。

 

このような避難を「垂直避難」といいます。この「垂直避難」が長期化してしまうこともありますので、断水、停電への備えもされておかれると安心です。安全なうちに避難所などへの早めの避難を心がけてください。