もう一度ハザードマップの点検を

今回(2020年7月)の梅雨前線豪雨で、熊本県の球磨川流域では大きな洪水被害が発生しました。この図は、人吉市付近の浸水の状況です。人吉市の中心市街地が広い範囲で浸水しています。

 

そして、この洪水は、あらかじめハザードマップで想定されていた範囲とほとんど一致していたことがわかります。すぐに物的被害を防ぐことはできなくても、天気の急変に注意し、早めの避難をしていれば人的被害は防げる可能性があったわけです。

 

今一度、自分の身の回りがどのような災害の恐れがある場所か、ハザードマップを見直しましょう。