大気の状態が非常に不安定とは

梅雨時の大雨情報では「大気の状態が非常に不安定で、大雨の恐れがある」と表現されることがたびたびありますが、警報級の大雨が予想されるときの表現です。

 

大気の状態が不安定とは、局地的に積乱雲が発生し、激しい雨が降りやすい状態のことを指します。これには上空にいつもより強い寒気が入った場合と、前線付近に南から暖かく湿った空気が入る場合とがあります。

 

梅雨も後半になると、太平洋高気圧が西へ強まり、海面近くを多量の水蒸気を含んだ空気が、高気圧周辺を勢いよく北上することが多くなってきます。これが前線付近に持続して流れ込み上昇すると、積乱雲の帯が発生し大雨になりやすいわけです。いまがちょうどその時期にあたっています。梅雨が明けるまで大雨に警戒しましょう。