落雷から身を守る

雷は周囲よりも高いものほど落ちやすい特徴があります。

 

グラウンドやゴルフ場、屋外プール、堤防、砂浜などの開けた場所では人に落雷しやすくなります。

 

木のそばにいると木に落ちた雷が人の体に飛び移ることがあります。木の下での雨宿りは危険です。
高い木の近くは危険なので木からは2m以上離れてください。

 

比較的安全な場所は鉄筋コンクリート建築、自動車、バス、列車の内部などです。
雷の音が聞こえたら早めに安全な場所に避難しましょう。