非常に激しい雨とは

今回は「非常に激しい雨とは」です。

「非常に激しい雨」は1時間に50ミリ以上80ミリ未満の雨で、滝のようにゴーゴーと降り続く雨です。

鹿児島市の1時間雨量の記録では、1902年の統計開始以来で、1時間80ミリ以上の猛烈な雨が観測されたことは2回だけ。

大雨では非常に激しい雨の降ることが多いです。

非常に激しい雨はどのくらいの雨かイメージしやすいようしてみましょう。
例えば1時間に60ミリの雨がたたみ2畳の広さに降るすると、ドラム缶1本分の量になります。

雨は低い所へ低い所へと流れていき、小川が急激に増水することがあります。

「非常に激しい雨」が予想されるとき、または降っているときは、災害から身を守るようにしてください。