大気の状態が不安定とは

大気の状態が不安定とは、局地的に発達した雲(積乱雲)が発生し、激しい雨が降りやすい状態のことを指します。

たとえば地面付近の空気のかたまりが何らかの作用で上昇すると、膨張して温度が下がります。
上空の空気は通常、地上より冷たいですが、その高さまで空気のかたまりが上昇したとき、まだ周りの空気より暖かいとさらに上昇し、積乱雲が発生します。この時が不安定な大気です。
一方、上昇した空気が上空の周りの空気より重たくなると、それ以上上昇できません。この時は大気が安定といいます。

ではどのような気象条件の時大気が不安定なのでしょうか。
一つ目は、南からいつもより暖かい湿った空気が流れ込んだとき、前線付近で急速に持ち上げられた空気が積乱雲にまで発達することがたびたびあります。
また前線から少し離れていても、上空にいつもより強い寒気が流れ込むと不安定となって積乱雲が発生します。この時晴れていると、強い日射の影響で地面付近の空気が暖められて一層不安定となります。
いづれにしても「大気の状態が不安定」という情報を耳にしたときは、発達した積乱雲で激しい雨が降ることを想定しましょう。