洪水警報の危険度分布

今回のテーマは「洪水警報の危険度分布」です。

洪水警報が発表されているとき、気象庁のホームページなどでは洪水災害の危険度を地図上で色分けして表示しています。

洪水警報、注意報は大雨や長雨などにより風の水が増水、氾らんし、災害となるおそれがあるときに発表されます。

実際にどの河川のどの場所で洪水災害の発生の危険度が高まっているか洪水警報の危険度分布で確認できます。

中小河川の洪水災害の危険度の高まりの予測をするもので、濃い紫は極めて危険、すでに警報基準を大きく超えているようなとき、薄い紫は非常に危険、3時間先までに警報基準を大きく超えそうなときです。

極めて危険となったときにはすでに氾らんした水によって道路の冠水などが発生し、避難が困難なこともあります。
極めて危険になる前に避難するようにしましょう。

洪水警報が発表されたときには危険度分布を確認してみてください。

 

気象庁|洪水警報の危険度分布 https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/flood.html