記録的短時間大雨情報が出たら

きょうのテーマは「記録的短時間大雨情報が出たら」です。

「記録的短時間大雨情報」は大雨の予想ではありません。

現在降っている雨がその地域にとって土砂災害や浸水害、河川の洪水害の発生につながるようなまれにしか観測しない雨量であることをお知らせするための情報です。

気象台が発表します。基準は県内では1時間に120ミリ以上です。

先月、屋久島で大雨になったときに発表されました。

特に土砂災害警戒区域や浸水想定区域などにお住まいの方は地元の市町村の避難情報を確認し、必要な場合は速やかに避難をしてください。

ただ、すで猛烈な雨で外に出て避難所へ行くことが困難なときは自宅や近くの頑丈な建物の2階以上など高い場所へ移動して、外に出ないで危険を避けることも考えてください。