雨の強さ・降り方

きょうのテーマは「雨の強さ・降り方」です。

まず、1時間に30ミリ以上50ミリ未満は「激しい雨」です。
バケツをひっくりかえしたように降る雨で、傘をさしていても濡れてしまうほどです。

道路が川のようになる恐れがあり、車の運転など注意が必要です。

また、1時間に50ミリ以上80ミリ未満は「非常に激しい雨」。
滝のように降る雨です。傘は役に立たなくなってしまいます。

水しぶきで白っぽくなり、視界が悪くなる恐れがあります。

そして、1時間に80ミリ以上は「猛烈な雨」。
息苦しくなるような圧迫感のある雨です。

車の運転は危険になったり、土砂災害などの危険も高まってきます。

1時間に予想される雨の量から雨の降り方をイメージし、
雨への対策、備えを考えていただけたらと思います。