「大雨警報」と「洪水警報」の違い

今回は「大雨警報」と「洪水警報」の違いです。

一緒に発表されることが多く、「○○市に大雨、洪水警報が発表されています。」

などととお伝えすることもありますが、別の意味を持つ警報です。

まず「大雨警報」はがけ崩れや土石流などの「土砂災害」と大雨で排水が追いつかなくなって住宅や田畑などが水につかる「浸水害」に

警戒を呼びかけるものです。

「洪水警報」は大雨によって河川の水が増し、河川の堤防が浸食や決壊をして橋が流失、氾濫するなどの災害の恐れがあるときに警戒を呼びかけるものです。

お住まいの地域が大雨のときにどのような災害に警戒が必要か確認をし、警報が出たときには早め早めの対応をお願いします。